2007年5月13日 (日)

『ハロモニ@』。

ちょうど今、スペインGPを見終えたところなのですが。
佐藤琢磨の「涙で運転するのが大変だった」というコメントが印象的でした。
ドライバーとスタッフがチームとして共に上を目指して闘う、というのは、当然。
でも、それだけだったら、このコメントは出ないと思うんです。
このコメントから感じ取れたのは、佐藤琢磨がスタッフを思いやる愛情。
単なるパートナーシップを超えて、両者の間には、しっかりとした人間愛が根付いているのでしょう。
それはまさに、ファミリー。
だから、今年のスーパーアグリは好調なんだと思います。

さて、今日の『ハロモニ@』は三ノ輪ロケです。
永楽堂というパン屋に入るのですが、このパン屋って、『サイしば3』のロケ地?
航空高専は明らかに仕込みでしょ。
途中で出て来たみっつぃーが何時の間にか消えている、というのは何なんだ。

番組後半は、娘。春コン@SSAの模様。
ジュンジュン・リンリンのお披露目と、よっすぃー卒業式が半々、って感じ。
よっすぃーは番組で卒業SPをやらせてもらってない上に、この扱い、ってのは酷いよねぇ。
特にコントは、よっすぃー無しでは成り立たなかったわけで、番組最大の功労者と言えるのに。

と思っていたら、最後に、辻ちゃんの記者会見の模様が。
今後産休に入るわけで、その間TVには出ないのですから、番組用にコメントを押さえておいてくれても良かったんじゃないかなぁ。

今年に入って、何かと危機が襲うハロプロですが、スーパーアグリに見習うべき点は少なからずあると思うのです。
今のメンバーやスタッフには、ファミリーという感覚ってあるんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

『うたばん』。

連休も後半に突入。
今日は、浦和vs千葉(テレ玉)→ FC東京vs鹿島(MX)→ 横浜FMvs川崎(tvk)と、Jリーグ観戦三昧でした。
ファンタジーサッカー視点で見ていて、面白いなぁと思ったのは、千葉の水野。
すばしっこくて、良い動きをします。
ただ、次節は柏戦で、柏がカウンターで2点取っちゃいそうなので、狙えないかも。
あと、次節では、鹿島vs横浜FMが結構面白くなりそう。
鹿島も横浜FMも、中盤がまとまってきた印象ですが、横浜FMの勢いが勝るのではないでしょうか。

そんなわけで、『うたばん』は録画して、ゆっくりと見ました。
貴さんが「ヨッシーどうすんのよ~」と言うのですが、案外笑えないんですよね。
卒業後のビジョンが、相変わらず見えない。
事務所の上層部に対して「どうすんのよ~」と言いたいぐらいです。
その後、6分程度、踊りながら太鼓を叩いて、終了。
せめて、過去のプッチモニ出演時の映像とか、流して欲しかったなぁ。
大野君が面白すぎだから、相手が悪かったのは確かなんだけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

『ハロモニ@』。

『ハロモニ』が30分枠に縮小し、新番組『ハロモニ@』にリニューアルしての一発目です。
昨日は甲府遠征で疲れていたので、今日見てみました。
・・・一言で言うと、どこを向いているのか分からない番組ですね。
以下、例によって愚痴を書き連ねます。

猫耳とデニムのバランスが最悪。
公式サイトには、「番組特製のカワイイ衣装」と書かれていますが、全然カワイくないです。
衣装の共通化により、個性が損なわれる。
一般層に名前を覚えて欲しいのなら、ひとりひとりの個性をより強調しなければならないのに、平然とその逆を行っている。
猫耳姿を見て喜ぶのはヲタだけ。
一般層はますます見なくなるでしょう。これはアキバ系の人間をいまだにおもしろおかしく報道するマスコミ側の責任だけれども。
あかチン国王の喋りが下手だし、ツッコミも下手。
白井ヴィンセントうまなでさんに対して失礼です。今すぐ謝って下さい。
あかチン国王よりも娘。の方がよっぽどワガママ。
国王がワガママならば、国王がまず真っ先に「アイス食いてー」と言わなければならない。国王の設定が弱いというか、練られていないという事ですね。
あかチン国王が存在する事で、娘。の行動の自由度に制限が掛かる。
「あかチンです」と喋る愛ちゃんに激しく違和感があった。また、愛ちゃんはアイス屋をダッシュで追いかけられなかった。
あかチン国王を映すヒマがあったら娘。を映せ。
リニューアル前の芸人が出ていた時と同じで、不満を持つヲタ多数。

猫耳によって、ますますヲタしか見なくなるのに、国王の存在によって、そのヲタが不満を持つ。
これ、誰あての番組なんですかね、と思う。
見事に、負のスパイラルにハマってる印象。

・・・こんな愚痴を垂れるヲタを、SNSに紹介する人は存在するのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 1日 (日)

『ハロモニ』。

今日はベリコン@SSAにも、メロン公開ラジオ@船橋ららぽーとにも行きませんでした。
特にベリコンは1kでも中に入れる状況だったのですが、次の給料日(10日)まで持たない状況なので、回避しました。
来週の娘。コン@甲府は本当に往復するだけで、ほうとうすら食えないかもしれません。
7月のGAMコン@札幌遠征の資金は貯まらないかもしれません。
・・・そんなおいらは、来週ダイワスカーレットを本命にする予定です。

さて、今日の『ハロモニ』は、最終回です。
ジュンジュンとリンリンの加入に関して、昨年11月の中国でのオーディションから、今日に至るまでのVTRが放送されました。
ジュンジュンの歌がそうでも無かったので、推す事は無いと思われます。
というか、なぜ今になって放送したんでしょうね?
過去のオーディションと同じように、進行状況を逐一OAしてくれれば、一般層へのアピールにもなるし、ヲタ側としても受け入れ態勢を整える事ができるわけです。
その手法を今回使わなかったのがちょっと不思議。

季節がら(?)、加護ちゃんの映像は一切出てきませんでしたが、「4体揃ったミニモニ。のぬいぐるみ」というのは、スタッフ側の今できる最大の努力だと思うので、そこには拍手を送りたい。

来週からは、30分に縮小しての新番組『ハロモニ@』が始まります。
ジュンジュン&リンリンの密着ドキュメントが中心、という噂もありましたが、予告VTRを見ると、今までと何ら変わらないロケです。
これは、もろに凹みますねぇ。
本当に30分削られただけ、っていう、150kmのド直球でデッドボールされた感じ。

個人的な贅沢を言わせて貰うと、バラエティも見たいし、ドキュメントも見たい。
つまり、『ハロモニ』枠と『娘。ドキュ』枠の2枠では足りず、『ASAYAN』枠を復活させて欲しいのです。
やっぱり日曜ゴールデンが理想ですが、『田舎に泊まろう!』や『ソロモン流』を押し出すのは忍びない(?)ので、土曜プライムの『美の巨人たち』か『地球街道』を押し出す形が良いのではないでしょうか。

  • 日曜昼(60分): 2004年頃のスタジオゲーム中心な『ハロモニ』
  • 土曜プライム(30分): 『ASAYAN』テイストな密着ドキュメント
  • 平日深夜(10分): 『二人ゴト』または『ことミック』

これが理想ですねぇ。
・・・どうしたらテレ東に中途入社できますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

『とくばん』。

朝、家を出る時に、珍しく覚えていたので、タイマー録画をセット。
帰宅して、見てみました。

℃-uteは番組の一発目に登場です。
どうせ番組の最後10分程度だけチラッと出るんだろうなぁ、という軽い扱いを予想していたので、ビックリでした。
まぁ、扱いが重いと言うよりは、7時という時間帯を考えての事なんでしょうけど。

舞ねーさん(小5)が貴さんの隣に立つと、本当に小さい。
身長を聞かれて、「143ぐらいです」と言う舞ねーさん。
そっかぁ、やぐやぐもこれぐらいなんだよな。
・・・ていうか、やぐやぐはもうすぐ舞ねーさんにも抜かれるのか。
こんなところで芸暦5年という長さを感じるとはねぇ。

そんな舞ねーさんの「どこで誰が見てるか分からないから・・・」という話に、思わず顔が引きつってしまったヲタは、自分だけじゃないはず。
しかもタイミングの良い事に、今夜の『歌ドキッ』では、4期3人のまさに阿吽の呼吸と言える舞台裏風景が流れたでしょ。
現実的に考えて、夏の代々木での復帰がベストだと思ってますけど、いかがなんでしょう。

番組中盤では、GAMが登場です。
最近思うんですけど、GAMに与える衣装を、もうそろそろ、まともにして欲しい。
トークでの衣装がジャケ写と同じ衣装なんですけど、上半身だけ映ってる時は、帽子に大きめの白いYシャツで、カッコ良いんですよ。
でも、下半身も映っちゃうと、なんか締まらない感じで、ダサいんですよ。
「裸にYシャツ」がコンセプトだとは分かっているんですけどね。
普通に黒の短パンを穿くだけで、全然違うと思うんですよ。
そっちの方が、絶対領域効果もあって、締まってカッコ良いはず。

そしてまぁ、歌衣装は今回も酷いね。
なぜ毎回こう安っちいのか。
脚が綺麗というコンセプトはもう取っ払っちゃっても良いんじゃないですか?

・・・それにしても、歌収録にヲタを入れた意図が全く掴めません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

『ハロモニ』。

メイン企画は、「美貴様の趣味探しツアーSP」です。

それにしても、非常に残念なニュースがモーヲタ界を駆け抜けました。
『ハロモニ』が4月から30分枠に縮小となるそうです。
この枠は、視聴率には関係無い、テレ東とアップフロントとの持ちつ持たれつの関係により成り立っている、と思っていました。
でも、どうやら、数字というものには敵わないようです。
この無くなった30分は、テレ東が誇るキラーコンテンツ『TVチャンピオン』の再放送に回されるのです。
自分にとって、この短縮のニュースは全くもって想定外でした。

そして、その決定は、現場サイドにも想定外だったようです。
まぁ、短縮が事前に決まっているんだったら、情報コーナーをわざわざ1月にリニューアルしないですよね。
その突然の決定に、HPCのコーナーは急遽打ち切り。
短縮にあたり唯一やり残した事と言える、ミキティの趣味探しを急遽ロケして、心惜しくも4月からの短縮に備える、という事なのでしょう。

そんな今回のロケですが、ミキティと亀ちゃんにその事情を恐らく伝えていなかったんでしょうね。
ミキティと亀ちゃんの立ち振る舞いが、とにかく楽しそう。
ミキティがロケに出ると、本当にハズレが無いね。

中でも取り上げたいのが、クレープの生地を上手に焼けてご機嫌なミキティです。

  • 藤本 「上手いんじゃない?」
  • 店主 「上手いんじゃない?」
  • 藤本 「上手いよね」
  • 店主 「バイトできるよ」
  • 藤本 「雇ってくれる?」
  • 店主 「ぐふっ・・・困ったなぁ(笑)」

ソロ時代から続く、おじさまキラーっぷりを、ここでも遺憾なく発揮されております。
ていうか、困る理由が無いよね?
自分が個人事業主なら、問答無用で即採用ですよ。
で、あっという間に、実権を握られる、ってわけだ(笑)。

あと、エクストリーム・アイロニングは、良いのをチョイスしたなぁ、と思いました。

こんな画を見せられちゃあ、「おぉっ」と思わずTVの前に釘付けですよ。
ただ、自分がやるか?と問い掛けられても、たぶん確実にやらないけど(汗)。

ジュンジュンは有野晋哉に似てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

『ハロモニ』。

メイン企画は、「絵描き歌クイズ」。
裕ちゃんがタイトルコールをして、辻ちゃんがカメラに大接近。
おぉっ、なんだか懐かしい感じがする。
最初の2問は、絵描き歌の歌詞に割と忠実に描くのですが、最後の3問目は、暴走するメンバーが多くなる。
ポケットひとつ描くだけなのに、なんであんなに大量に歯を描くのか。
れいなの口から「ケロロ軍曹」という単語を引っ張り出したのはGJ。

サブ企画は、「いきなり心理テスト」。
愛ちゃんに関しては、予想を上回る事も無く、下回る事も無いリアクション。
シゲさんが捕獲される時に、てっきり「ドス黒い部分なんて無いですから!」と言うのかと思ったら、「ドス黒い部分隠してるんですから!」だった。
ラジオ効果か、だんだんそっちの方向に流れていっているのですね(笑)。

HPC。
「美貴様」という単語は、たまに目にしたり耳にしたりするのが良いのであって、あんなに連発されると、引く。
コメンテーター席にれいなが座るのはいつの日か?

れいなは「ターン鳥チキン」のコーナーを卒業するんでしょ?と思ったら、どうやら全然違う模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

『ハロモニ』。

メイン企画は、もう何回目か数えるのも嫌になってきた「ハロモニ。アカデミー」。
・・・と書くと、また愚痴か?と思われるかもしれませんが、今日の『ハロモニ』は、かなり面白かったですぞ。
ちなみに、ゲストはコージー冨田です。

まず最初に、石川先生が教室に入り、礼をします。
愛ちゃん、さゆみ、小春は、お行儀良くお辞儀。
それに対し、ミキティ、れいな、亀ちゃんは、おしゃべりに夢中で、ダラーッと立っただけ。
特にミキティは、立つのが一番遅くて、座るのが一番早い(笑)。
で、ミキティとれいなに対しては、石川先生がきちんと「そこの不良!」と突っ込むのですが、残された亀ちゃんの立場はどうなるんだ・・・。

今日から、光井愛佳がメイン企画にレギュラー入りです。
「ホワイトデーに貰いたいお返しは?」という質問への回答を紹介する、『から騒ぎ』的な場面。

  • 光井 「好きな人から貰えるなら何でも良いです」

という、超模範的回答を披露。
・・・あんた、本当に14歳の新人か?
それに対して、他のメンバーの回答が明かされる。

  • 道重 「私のあげた物より質の高いもの」
  • 久住 「テレビ(地デジ対応)」

「だって2011年から地デジになるんですよ!」と力説する小春は確かに間違っていないが、ここでは「どれくらいのチョコあげてるのって話ですよね」というミキティの突っ込みの方に分があった。

この時点で、既に結構お腹一杯なのですが、ここでようやく、1時間目が始まります(笑)。
前回のコージー氏出演時と同様、ゴングショー形式でのモノマネ。
今回は、メンバーのネタ選びのセンスがとても向上しましたね。

  • 藤本 「『アッコにおまかせ!』に遅れて来る出川哲朗」
  • 道重 「野菜を値切るさとう珠緒」
  • 新垣 「コーヒーを頼んだのにコーラが出て来てキレる『ごくせん』のヤンクミ」
  • 亀井 「酔っ払ってアンパンマンへの愚痴をこぼすジャムおじさん」

これらは、モノマネの上手い下手ではなく、そのチョイスが、普通のモノマネ芸人も真っ青だと思います。
個人的には、やっつけで済ませると思っていたミキティがあんなネタを持っているとは、かなり意外でした。
それに対して、みーよは、やる気が無いね・・・。
あと、れいなのヨン様を合格させたのは、コージーがスタジオの空気にもう耐えられなかったんだと思う。

2時間目は、ぶ~らぶらゲーム。
・・・ここのレポは、みなさんにお任せします。

HPC。
ドSなミキティが無差別に投げるディスクドックを喜んで拾いに行く亀ちゃん。
そりゃあ、この趣味はミキティに合ってそうだよね。
ともかく、このコンビは2007年、最大級に要注目だ。
・・・だからさぁ、ピンキーを例にするんじゃなくって、ピンキーとゲストを対決させろ、って前も言ったじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

『ハロモニ』。

メイン企画は「ハロー!ボウリング」です。
今までありそうで無かった、この企画。
先週の番宣を見た時点では、相当期待したんですけどね・・・。

まず、衣装が、なんかしょぼい。
「ハロー!ボウリング 藤本美貴」と
刺繍で背中に入れるぐらいはやって欲しかった。
「ハロボリ。」には笑ったけども。

そして、プッチゲームも無駄に長いし、始球式も無駄に長い。
こっちは投げる姿が早く見たいし、たくさん見たいんだよ。

で、ようやくゲームが始まったのですが、なんか、ただ
「パネルをめくる→投げる」を繰り返してるだけ、って感じ。
なんでかなぁ、と思ったら、スコアで競っていないんですよ。
パネルに書かれた指示(3ピン以上とか)を
クリアできるかできないかだけで競っている。
通常のゲームのおまけにパネルがある、んじゃなくって、
パネルが主になってるから、つまらないんだと思う。

新コーナー「ハロプロ!ちゃんねる。」がスタート。
リポーターが小春だ!
というところに、歴史を感じたのですが、
この小春の独特の動きとテンションが非常に良い。
・・・というか、ゲスト同士で対決してどうするの?
リポーターとゲストが対決してナンボでしょうが。

うわっ、ミキティの趣味募集はミキティ本気だぞこれ(笑)。
これはもう、ロケという形でスタッフ側が応えてあげないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

『ハロモニ』。

メイン企画は、「ハロモニ。AWARD」です。
スタッフが選んだ10個のノミネート作品の中から、
1/4に中野でヲタに街頭アンケートを取り、最終順位を決定します。
この街頭アンケートという手法は良いですね。
ヲタの生の声をスタッフが聞けるし、番組作りに生かせるから。

・・・あれっ、1/4って、おいら中野に居たぞ。
でも、『ハロモニ』スタッフを全く見なかった。
風が強くないから、たぶん朝公演中に収録したんだろう。
まぁ、もし見かけたとしても、
最近の『ハロモニ』に対してダメ出ししまくってた可能性大。

コントのNG集では、「大人気コントコーナー」って、
「大人気」という冠を付けちゃってるんですよ。
・・・そんなに大人気だったらさぁ、
じゃあなんで最近放送してくれないんですか?

ミキティがなぜか趣味を募集しておりました。
普通は告知だけしてフェードアウトなのですが、
『ハロモニ』はやっぱ違うよね、という心意気を見たい。
具体的に言うと、ハガキの集計結果を元にして、
ミキティに合う趣味を見つけよう、というロケに行って欲しい。
・・・「メイド喫茶巡り」という趣味はいかがでしょう、と
さりげなく提案してみる。

あと、小春を『ヤン土』に出したら結構イケるんじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧