2007年9月24日 (月)

『ドキみき』よ、永遠に。

2002年10月に開始した『ドキみき』が、今夜で最終回だというのです。

ミキティに対する酷い仕打ちは当ブログでも何度も書いてきました。
そんな中、『ドキみき』は唯一の希望の光でした。
でも、終わってしまうのですね。

悲しくは無いです。
その代わり、本当に腹立たしいです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

【2007/09/25 01:15 追記】

正座して聴きました。
今日の内容は、とても良かったですね。

まず、今まであまり語られなかった、『新・美少女日記』イタリアロケでの裏話がありました。
これはつまり、『新・美少女日記』が黒歴史では無い事の証明であるわけで、ホッとしました。

そして、ミキティというニックネームがデビュー用に家族で考えたものであり、それまで友達に呼ばれた事など無かったという裏話もありました。
いやぁ、ミキティがデビューして最初のFCイベント(札幌)を見に行った事を思い出しましたよ。
このイベントの中で、質問コーナーで「何と呼ばれたいですか?」みたいな質問があって、MC役のお姉さんが「ミッキー」という単語を口にした時に、「このままミッキーで確定してしまうのか?」とヒヤヒヤして見ていたんだけど、ミキティが「ミキティと呼んで下さい」と断言して、今に至る、というわけなんですよね。

ちなみに、自分がなぜ美貴ヲタをやっているかと言うと、このイベントを最前列で見れた事が、運命だと思っているからです。
・・・えぇ、まぁ実に気持ち悪い話ですが。
そして、当時の自分の日記の文章もこれまた気持ち悪いですが(汗)。

番組のラスト10分が、最後のメッセージでした。
「今後もワタクシ頑張っていきますので、宜しくお願いしますね」というコメントがありました。
・・・でも、その頑張りを見れる機会が、ありません。
基本的に、フットサル以外の仕事は、全て奪われました。
歌も歌えて、トークでも頭の回転が速い、藤本美貴という逸材が、単なるフットサル要員ですよ。
もういっその事、あややと一緒に事務所から独立しても良いんじゃない?とさえ思ってます。

さて、来週から始まる新番組は『音楽ガッタスのがってんガッタス』だそうです。
里田中心のMC構成みたいです。
あぁ、そうですか。
意地でも聴きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

『ドキみき』。

『ドキみき』の公式サイトを見てみました。
先週までは「モーニング娘。藤本美貴の~」という冠だったのですが、「モーニング娘。」が見事に無くなっています。
スタッフの仕事が相変わらず早いです。
ただ、ロゴの上の部分をじっくり見てみると、綺麗に消し切れていない事が分かります(笑)。
もし、今週で番組が打ち切りとなるなら、わざわざこのような仕事はしないと思うんですよね。
なので、番組は来週以降も継続すると予想しています。

というか、継続させるべきですよね。
ここで番組を打ち切りにして、矢口ショック時同様に歌も歌わせないなどの仕打ちを与えると、世間との乖離は益々激しくなりますよ。
今までどおり、表舞台に出させる事が大事だと思います。
ソロラジオもやって、ソロで曲も出して、ソロツアーもやる。
ミキティ本人にきっちり仕事をさせるのです。
そうすれば、周囲の大人と触れ合う機会が多くなって、大人の男を見る目が養われて、庄司という男が下らない人間である事に気付くはずです。
是非とも、もっと良い男を見付けて欲しいものです。

= * = * = * = * = * = * = * = * = * = * =

【2007/06/05 00:35 追記】

聴きました。

タイトルコールが、「藤本美貴の!」で、大爆笑。
1発目のハガキが、カレーコンでの「食べたいんでしょ?食べれば良いじゃん」というセリフに関してで、またも大爆笑。
男を食いたいのは分かるけど、もっと良い男にしなよ。
あとは、普段どおりの、ゴーイングマイウェイなミキティでしたね。
安心しました。
ミキティは国民新党よりもブレません。

関係無いけど、『熱い魂』にフワフワを入れるのは止めてくれ。
ディスコ調の曲なら良いけど、ロックには絶対に合わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

『ヤン土』。

全国のヲタと芸能記者が注目した、今夜の『ヤン土』。
本人の口から、どのような言葉が飛び出るのか。
・・・に関しては、目立った発言は無かったですね。
裏舞台的な内容が発言されるわけでも無し。
公式コメントになぞらえて、「約束」という言葉まで使って。
本当に、いつそんな約束を交わしたんや、って感じ。

で、『ヤン土』への出演は、今日で一旦お休みするそうです。
でも、GAMの活動は続けるそうです。
GAMのツアーも続く、と受け止めて良さそうです。

まぁ、ラジオの場合はスポンサー次第ですからねぇ・・・。
未だにトップの人間が処女性を重要視していて失笑ですよ。
いつの昭和の話だ?って感じ。

というか、『ドキみき』はどうなるんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

『ドキみき』。

今夜の『ドキみき』は、卒業直後のよっすぃーをゲストに迎え、80分の緊急生放送です。

よっすぃーが卒業した後、誰が娘。の支柱になるのか。
個人的には、ガキさんをぜひ次期リーダーに!と訴え続けてきました。
ところが、意外な人の名前が急浮上してきました。
それは、シゲさんです。

まず、番組の冒頭、心理テストから。

  • 藤本 「シゲさんはでも、これねー、シゲさんを上げるのか落とすのか分かんないんですけど、まぁあのねー、シゲピンクでーす♪とかって言ってるけど、全然シゲピンクどころか、しっかりしてますよね」
  • 吉澤 「してるよ。全然してる。ちゃんと良く考えて行動してるよね」
  • 藤本 「あのね、いやーんいやーんとか言ってるシゲさんじゃなく、本当にしっかり、大人な頭を持ってる、シゲピンクですよね」

そして、番組の終盤、リスナーのメールに対する返答から。

  • 藤本 「よっちゃんがリーダーの時から、よっちゃんがお父さん役で、私がガーガー言うお母さん役、みたいな」
  • 吉澤 「そうそう、そういう関係性がね、あったからね」
  • 藤本 「だから良くね、お父さんにならなきゃダメですね、って言われるんですけど、私はお母さんで良いのかな」
  • 吉澤 「お母さんだよね、お父さんにたぶんなれない」
  • 藤本 「なれないと思う。だからお父さん役をね、あの中からこう、チョイスしないと」
  • 吉澤 「そうだねー」
  • 藤本 「やっぱシゲさんだよ!」
  • 吉澤 「やっぱシゲさんかなー。私は意外な所で久住小春が出てくるかと思って」
  • 藤本 「出てくるかなー。だってもう、お父さんじゃないでしょ。あれもう確実に末っ子だよね、いつまで経っても」

いやぁ、シゲさん株が赤丸急上昇ですよ。
これ、シゲさん本人は聴いているのかなぁ。
確かに、ソロラジオでは、頭の回転の良さを披露していますからね。

でも、個人的には、やっぱりガキさんを推したい。
しつこいようだけども(笑)。
というわけで、ミキティ卒業後は、ガキさんリーダー、シゲさんサブリーダー、という形でお願いしたいです。
愛ちゃんはミキティと一緒に卒業させちゃって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

『GAKI・KAME』。

今日は、横浜BLITZではメロンの新曲イベが行われていたのですが、ウィルコムユーザーは排除されました(携帯からしか申し込めない)。
なので、『ハロモニ@』を見て、『ワイド中継』を見て、馬券を買って、という、休息モード。
ここ最近は、土曜・日曜のうちどちらかは、なるべく家に居て、体を休ませるようにしています。
・・・ただ、馬券が外れると、凹む。
そこで、今月からFM-FUJIで始まった新番組『GAKI・KAME』を某所からDLして、聴いてみました。

ガキさんにレギュラーラジオを与えてやって欲しい、と昨年からずっと願ってきたのですが、いざ聴いてみて分かったのは、亀ちゃんの良さです。
亀ちゃんは誰とでも上手く融合するねぇ。
『ハロモニ@』のロケでは、「美貴様ぁ~♪」と、ミキティと上手い具合に融合するし、この『GAKI・KAME』では、「ガキさんガキさん!!」と、ガキさんと上手い具合に融合する。
亀ちゃんの丸さというか、ホンワカさが成し得ているんだと思います。

例えばミキティの場合、基本的に周りの人間を従えるわけですけど、あややにだけはベッタリ甘えるわけで、そのギャップが見ていてたまらないわけです。
で、今の亀ちゃんは、基本的に誰にでも甘えている。
ここでもし、亀ちゃんに甘えてくる存在が登場して、亀ちゃんのお姉さん的な部分が見れるようになるとしたら、そのギャップはもの凄くたまらないものになるのではないだろうか?
・・・その存在の登場がいつになるのか、少しワクワクしてきた今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 5日 (木)

『ちゃんチャミ』。

明日あさっては武道館という事で、
それなりに身構えて今日の放送を聞いてみましたが、
良い意味でそう感じさせない放送でした。

スタッフからすれば、
梨華ちゃんを泣かせる事は難しくないだろうけど、
泣かせる内容にしなかった。
だから、あさっても明るく乗り切りたいと思う。
・・・こんな性分だから、いまだに矢口ヲタやってるんだろうなぁ、自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 3日 (日)

『B.B.L.』。

美勇伝の新番組『B.B.L.』が今日からスタート。
新居に来てからFM-FUJIを受信するのは初なのですが、
FMアンテナを窓の近くでピンと持つか、
窓をちょっと開けて窓の外にアンテナを垂らさないと、
クリアに受信できない。
今は24時を過ぎてもそれほど寒くないけど、
真冬はどうしようかなぁ。

美勇伝のラジオの面白さは『ハロプロやねん』で
実証済みなんですけど、今日もそれと同じ面白さでした。
まぁぶっちゃけ言うと、
「梨華ちゃんと解け込めないみーよ&ゆいやん」
という構図なんだけども(苦笑)。
これがいつまで続けられるのか、見ものですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 2日 (土)

『ヤン土』。

会社で『ヤン土』を聴く。
4月以降も、ヤン土娘。4人は継続との事。
ごっちんと柴ちゃんは「ヲーイ!」と大拍手。
こう書くとヲタっぽく見えるな(笑)。
・・・で、なっちは?
レビューのDVDはFC限定だし、もうそろそろ
ソフトランディング路線から脱してくれても。

・・・帰るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ちゃんチャミ』。

昨日、ブログの作業に没頭していたせいで
『ちゃんチャミ』がある事をすっかり忘れていた。

新曲『大阪 恋の歌』が宇宙初OA。
しょっぱなで大阪弁でのセリフがあるのですが、
これたぶん愛ちゃんですよね。
ミキティだったら、完全節子だよなぁ。
と、期待しないで聴き始めたのですが・・・

イントロ、良い。
Aメロも良い。
Bメロも良い。
サビも良い。

電子音で切ない感じ。
これ、自分のツボにハマりまくり。

梨華ちゃん卒業後は梨華ちゃんパートを
れいなが歌うんですよね?
と思うと、夏コンが楽しみになってきた。
・・・梨華ヲタを敵に回す発言をしてみる。

カップリングの『NATURE IS GOOD』は
なんかカントリーが歌うような感じだなぁ、程度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)