« 『ハロモニ』。 | トップページ | ミュージカル、決定。 »

2005年11月29日 (火)

楽曲大賞PV部門、番外編。

11/25の更新に引き続き、今日はPV部門の番外編です。

第1位 『女子かしまし物語』 3点
第2位 『かわいい彼』 2点
第3位 『ラッキーチャチャチャ!』 1点

これは、昨年の楽曲大賞で自分が投票した上位3作品です。

で、一応、今年も上位3作品を選んで投票しましたが、
実際の所、第1位の
『ずっと 好きでいいですか(Another Edition)』だけに投票して、
第2位以降は「該当作品無し」としたかったのです。

と言うのも、昨年のこのTOP3に肩を並べられる作品は、第1位の
『ずっと 好きでいいですか(Another Edition)』だけだから。

第2位の『紫陽花アイ愛物語』はロードムービー風、とは言え、
『かわいい彼』のムービー部分に全然かなってないし、
『Missラブ探偵』もストーリー部分が評価されているようですが、
『ラッキーチャチャチャ!』のストーリー部分に全然かなっていない。
自分はそう思っています。

さて、このままだと何だか嫌な日記になってしまいますが、
ここで視野を広げて、PVじゃないけどPVっぽい映像作品も含めてみると、
昨年の上位3作品に肩を並べられる作品が、ちょうど3つ揃うのです。

まず、投票コメントでも触れた、
『色っぽい じれったい(Multi Dance Edition II)』。
自分は、ダンスショットバージョンに、演出は不要だと思っています。
その理由は、コレオグラファーの人が振付ける振りの1つ1つには、
必ず意味があると思っているから。
娘。の場合だと、10人全然違う振りでも、
その1つ1つの振りに、必ず意味があると思っているのです。
その意味のある振りが、演出によって、
見えなくなっていたり、見え辛くなっていたり。
・・・それのどこが演出だ?と問いたい。
ダンスのみをシンプルに映し続ける事で、ダンスの持つ意味、
そして、ダンスから生まれるパワーを感じ取らせよう、
とは思わないのでしょうか。
まぁ、映像のプロだから、何らかのエフェクトをかけたい、
というのも分かりますけど。

そして、もう1作品。
今年の正月コンで販売された
『Hello!Project DVD Magazine Vol.2』
に収録されている、
『H.P.オールスターズ レコーディング風景』。
これは文字どおり、レコーディングの模様を繋げただけなのですが、
こうやって1人1人の声が集まって、この歌が出来ているんだなぁ、と
実感せずに居られないのです。
で、適当に歌ってるはずも無くて、メンバーが鉛筆片手に
メモを取って、真剣に取り組んでいる。
そんな真剣な思い、そして歌声が、47人分、重なった。
これはもう、この曲ならではの壮大さなのです。

以上、PV部門の番外編は、このようになります。

第1位 『ずっと 好きでいいですか(Another Edition)』 3点
第2位 『色っぽい じれったい(Multi Dance Edition II)』 2点
第3位 『H.P.オールスターズ レコーディング風景』 1点

・・・なんか、モロにエセ評論家気取りな文章を
並べてしまったので、言い換えます。
この3作品が、だいすっきです。キャハ。

|

« 『ハロモニ』。 | トップページ | ミュージカル、決定。 »

「[04]ハロプロ:映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95135/7389880

この記事へのトラックバック一覧です: 楽曲大賞PV部門、番外編。:

« 『ハロモニ』。 | トップページ | ミュージカル、決定。 »