« RoyalMilk→コスチャ。 | トップページ | 新『PPU』作成報告(その2)。 »

2006年10月 5日 (木)

新『PPU』作成報告(その1)。

サタデーBBSにも書きましたが、
JRAの公式サイトが突然リニューアルされてました。
南関東のサイトに似せてきた感じ。

右クリックでソースを見てみると、StrutsやJSFみたいな感じの作りですね
(StrutsとJSFしか仕事で扱った事が無いので分からない)。
で、遷移先ファイル名と内部パラメータをJavaScriptに渡してるわけね
(参考 … http://www.jra.go.jp/common/js/common2.js)。
・・・JavaScriptをOFFにすると、使えないじゃん。おいおい。

さて、ここからが本題。
自作ソフト『POG Pick Up』を、今回のリニューアルに対応させたいのです。
流れとしては、

  • IEコンポーネントをソフト内部にこっそり持つ。
  • IEコンポーネントでJRAのトップページを表示する。
  • ソースを解析し、出馬表の行を特定する。
  • 遷移先ファイル名と内部パラメータを取得する。
  • ブックマークレットのように、doActionメソッドをコールする。
  • IEコンポーネントに今週の出馬表のページが表示される。
  • この要領で、曜日/開催場単位→1レース単位とページ取得を繰り返し、全ての出馬表を取得する。
こんな感じで考えています。

あ、開発環境は事実上VB6しかありません。
VC++もあるけど、使えません。

現段階としては、トップページから今週の出馬表に遷移する所まで出来ました。
ただし、

WebBrowser1.Navigate "javascript:doAction('/JRADB/accessD.html','pw01dli00/F3');"

と、ソースコード上にベタ書きです(汗)。
MSHTML.tlbを使って、ここから先に進む事が明日の課題。
こんな状態で、土曜深夜に公開できるのか?
・・・この半年、JAVAのソースしか書いてなくて(言い訳)。

|

« RoyalMilk→コスチャ。 | トップページ | 新『PPU』作成報告(その2)。 »

「[09]競馬」カテゴリの記事

コメント

私もトップページからリンクに成功しました。後は同じ要領で下位リンクへ行けばよいのですね。ただ、「pw01dli00/F3」のF3が気になります。jra.jsやcommon2.jsにその値を変更する要素はないし、はじめからの決めうちなのでしょうかね。私はperlでやっていて、まだ初心者の段階でよく分かりませんが。。私もがんばります。

投稿: こん | 2006年10月 7日 (土) 16:04

「pw01dli00/F3」の「F3」、自分も気になりました。
 ・ チェックサムのような誤り検出用の値
 ・ 「pw01dli00」が被ってしまった場合の一意なID
の両方を兼ねているのでしょうかね・・・(勝手な予想)。
個人的には、「F3」無くても良いじゃん、って感じですけど。
言語は違いますが、お互い頑張りましょう。

投稿: ウラジ | 2006年10月 9日 (月) 04:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95135/12168857

この記事へのトラックバック一覧です: 新『PPU』作成報告(その1)。:

« RoyalMilk→コスチャ。 | トップページ | 新『PPU』作成報告(その2)。 »