« 光井握手会、緊急決定。 | トップページ | スクショ。 »

2006年12月27日 (水)

楽曲大賞、番外編。

もう既に楽曲大賞の結果は出ていますが、
結果を見ての感想戦は後で書くとして、
今日は番外編ということで、
今年6月に書いた上半期版最終的な投票内容
比較してみたいと思います。

<<上半期版>>
第1位 『パープルウインド』 モーニング娘。 【4点】
第2位 『お願い魅惑のターゲット』 メロン記念日 【3点】
第3位 『スイートホリック』 安倍なつみ 【1.5点】
第4位 『SEXY BOY~そよ風に寄り添って~』 モーニング娘。 【1点】
第5位 『ザ・ストレス[アカペラVersion]』 安倍なつみ 【0.5点】

<<最終決定版>>
第1位 『パープルウインド』 モーニング娘。 【4点】
第2位 『dearest.』 松浦亜弥 【3点】
第3位 『まっさらブルージーンズ』 ℃-ute 【1.5点】
第4位 『メロディーズ』 GAM 【1点】
第5位 『スイートホリック』 安倍なつみ 【0.5点】
(以下、参考)
第6位 『ガラスのパンプス』 後藤真希
第7位 『甘すぎた果実』 安倍なつみ
第8位 『I'm in Love』 安倍なつみ
第9位 『ハピネス』 松浦亜弥
第10位 『ENDLESS LOVE~I Love You More~』 ℃-ute
第11位 『ジリリ キテル』 Berryz工房
第12位 『INDIGO BLUE LOVE』 モーニング娘。
第13位 『やんなっちゃう』 安倍なつみ
第14位 『お願い魅惑のターゲット』 メロン記念日
第15位 『サヨナラのLOVE SONG(純情バージョン)』 後藤真希

まず、上位2曲と第3位以下の比較。
FFさんからコメントを頂いて気付いたのですが、
おいら、脳内に視覚的イメージが広がる曲に弱いみたい。
『パープルウインド』は、脳内に海とヨットの光景が広がるし、
『dearest.』は、満天の星空とその下のアベック、という光景。
聴くたびに脳が活性化される感じは確かにありますね。

続いて、『ターゲット』と『スイートホリック』の比較。
『ターゲット』は、上半期版で第2位だったのに、第14位に急降下。
これは、ぶっちゃけ、聴き飽きました(汗)。
対して、『スイートホリック』はまだ聴き飽きていないので、
第5位に踏みとどまった、という感じです。
それを言うと、『ガラパン』もまだ聴き飽きていないのですが、
『ガラパン』は近いうちに聴き飽きそうな予感がしたので、
『スイートホリック』より下に置きました。

そして、『ターゲット』と『まっさら』の比較。
『ターゲット』は、現場で初めて目にした時に、
もの凄い好きになったのですが、
CDを買って繰り返し聴くうちに、聞き飽きてしまった。
対して、『まっさら』は、現場で初めて目にした時に、
別にどうでも良かったです(再度汗)。
おいら、前座が登場すると、萎えるんですよ。
℃-uteは娘。やなっちの春コンの前座に何度も登場していて、
例えば、娘。コンなら、そこでいきなり℃-uteに登場されても、
その10分や15分をを娘。に与えてくれれば2曲は歌えるのに、
と思ってしまう。大ガッカリしちゃうのです。
そんな萎えた状態で曲を聴いても、とても好印象は持てません。
で、11月末にようやくCDで聴いて、曲の良さに気付いて、
第3位にランクインしたのです。

まぁ、前座へのガッカリ感に関しては、組み合わせもありますよね。
舞美や愛理を、ミキティほど推しているわけでは無いですから。
もし、あややコンに突然ミキティが出てきたら、
そりゃあもう狂喜乱舞なのは間違い無いでしょう(苦笑)。

そういえば、来年3月にGAMの3rdシングルが発売されるそうで、
来年のゴールデンウィークは中野でGAMコンの可能性大?

|

« 光井握手会、緊急決定。 | トップページ | スクショ。 »

「[05]ハロプロ:楽曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95135/13231130

この記事へのトラックバック一覧です: 楽曲大賞、番外編。:

» 後藤真希のスペシャルな映像 [News Hit Channel]
画像&動画配信サイトのBARKSを利用している人であれば、今年注目を集め今年の年末を締めくくるにふさわしいアイドルとして後藤真希を挙げる人は多いことでしょう! [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 12:26

« 光井握手会、緊急決定。 | トップページ | スクショ。 »