« スクショ。 | トップページ | 2006年の現場を振り返る。 »

2006年12月28日 (木)

楽曲大賞(PV部門)、番外編。

今日はPV部門の番外編をお送りします。
投票コメントにて、
> 今年は不作でした。
と書きました。
例えばドラマ仕立てのような、手の込んだ作品が1つも無かったので、
不作だと感じたのです。
つまり、不作と感じるかどうかは、DSVがどうこうとか関係無く、
手の込んだ作品が多いか少ないか、だけに拠るわけで、
それくらい、手の込んだPVが大好きです。

例えば、2年前の『かわいい彼』のPVだと、
まず最初に導入部分があり、
ドラマを展開させてワクワク感を高めて、
最後に写真という飛び道具で一気に昇天させる。
製作者側がやる気をストレートに出しています。

対して、ほとんどのPVだと、
ダンスシーンとメンバーのクローズアップの間に、
グラビアアイドルのイメージDVD的映像が入るだけ。
見ていて気持ちが全く昂らない。環境映像か。

・・・というか、『かわいい彼』のPVをキャプろうと思ったら、
DVD-ROMがうんともすんとも言わず、
再生できない事に対して、ものすごい凹んでいるのですが(汗)、
来年はひとつ、見ていて気持ちが昂ぶるPVをお願いします。

|

« スクショ。 | トップページ | 2006年の現場を振り返る。 »

「[04]ハロプロ:映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95135/13246064

この記事へのトラックバック一覧です: 楽曲大賞(PV部門)、番外編。:

« スクショ。 | トップページ | 2006年の現場を振り返る。 »