« 楽曲大賞(PV部門)、感想戦。 | トップページ | RoyalMilk→コスチャ。 »

2007年1月11日 (木)

楽曲大賞、感想戦。

楽曲大賞の結果を見て、グダグダと愚痴を垂れてみるコーナーです。
年をまたいで、ようやくお送りします。

第1位は下馬評どおり、『青空』となりました。
青空の10人」なんて言葉が生まれるほどで、
2006年の代表曲にふさわしいと言えるでしょう。
・・・いや、本当にふさわしいと思いますよ。
曲自体が良いってのはもちろんだし、
コンマコ卒業がきっかけとなって、
当時の10人体制に対する思い入れの受け皿となったわけだし。
春コンでの一体感もとても良かったです。

で、そんな『青空』を、おいらは第15位にさえも入れませんでした。
だってねぇ、みんな揃って「『青空』は良い」って言うじゃない。
そんなに『青空』ばかり持ち上げちゃってさぁ、
『パープルウインド』だって名曲だろうがぁ!
もっと『パープルウインド』にも目を向けてくれよ、
と、意地になっちゃったんですよ。
・・・また悪い癖が出ちゃいましたかね(汗)。

第2位は『SEXY BOY』となりました。
正気か?と、一瞬目を疑いました。
たぶん、コンサで踊ってると楽しい、という理由なんでしょう。
自分もそれには同意します。踊ってて単純に楽しい。
でもその代わり、曲がとにかく糞ですよ?
それに、『SEXY BOY』よりも、『Ambitious』のダンスを
完璧に覚えて踊った方が絶対楽しいと思うんだけどなぁ。

ワンダフル組とエルダー組で明暗が分かれたのも特徴でしょう。
まず、ワンダフル組では、
第3位、第7位、第9位に℃-uteが、
第4位、第6位に月島きらりがランクイン。
昨年よりリリース頻度が落ちたBerryzでさえも、
第10位と第11位にしっかり名前を残しています。
それに対し、エルダー組は、
メロンが第8位と唯一気を吐くのみ。
なっち・ごっちんは20位台に低迷です。

℃-uteに良曲が揃ったのは確実に事実なのですが、
それでも、票が分散して共倒れ、にならなかった。
推しメン部門をユニット別に集計してみると、

400点 モーニング娘。
140点 Berryz工房
*86点 ℃-ute
(以下略)

となり、℃-uteヲタがBerryzヲタに匹敵するほど増えた、
というところまでは至っていない。
つまり、圧倒的多数である娘。ヲタの第2位・第3位あたりが、
今までだったら、なっちやごっちんだったところを、
今年は℃-uteがサクッと持っていった、という事なのだろう。
月島きらりに関しては、織田哲郎の功績だと思いたい。

あと、元気なヲタってまだまだ多いね。
愛ちゃんソロが第18位、って事は、
みんなOnGenやmusic.jpからダウンロードした、って事でしょ?
ポッシボーが第34位、って事は、
みんな石丸電気に行ってシングルを買ったって事でしょ?
自分も2年前とかだったら、たぶん買ってたと思うけど、
今の自分には、そこまでの元気は残ってませんわ。

さて、自分が投票した5曲はこのような順位になりました。

36位 『パープルウインド』
24位 『dearest.』
*7位 『まっさらブルージーンズ』
25位 『メロディーズ』
22位 『スイートホリック』

『まっさら』以外は見事に中段グループですな。
それにしても、『パープルウインド』がポッシボーに負けた理由が
さっぱり分かりません(しつこく言う)。

【参考】 推しメン部門 ユニット別集計結果
400点 モーニング娘。
140点 Berryz工房
*86点 ℃-ute
*61点 美勇伝
*59点 W
*43点 安倍なつみ
*30点 後藤真希
*29点 松浦亜弥
*29点 メロン記念日
*18点 矢口真里
*14点 カントリー娘。
*11点 THEポッシボー
**9点 飯田圭織
**8点 中澤裕子
**5点 保田圭
**2点 アヤカ
**2点 ともいき・木を植えたい

|

« 楽曲大賞(PV部門)、感想戦。 | トップページ | RoyalMilk→コスチャ。 »

「[05]ハロプロ:楽曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95135/13447635

この記事へのトラックバック一覧です: 楽曲大賞、感想戦。:

« 楽曲大賞(PV部門)、感想戦。 | トップページ | RoyalMilk→コスチャ。 »