« 新垣道重ジュンジュンリンリン握手会(品川)。 | トップページ | 松嶋先生。 »

2007年6月17日 (日)

第14回POGドラフトを終えて。

今年もつつがなくドラフトを終了させる事が出来ました。
ありがとうございました。
今年はドーレ氏が卒業し、ESA氏が白川氏と改名して復帰されました。

【その1】 進行編

昨年の記事同様、ドラフト終了時刻を載せてみます。

  • 第11回 (2004年) ・・・ 03:23:27
  • 第12回 (2005年) ・・・ 03:27:32
  • 第13回 (2006年) ・・・ 02:11:48
  • 第14回 (2007年) ・・・ 02:20:25

チャットが重いのは想定外でした。
ここ数年、チャットは安定している印象があったので。
それでも昨年とほぼ同じ終了時刻になったのは、抽選が2回だけだったからだと思います。

また、最初、MSNメッセに登録されていなかった理由について。
昨年はRegnessemを使っていましたが、今年はMSが提供する最新版のMSNメッセを使おうと思って、最新版をインストールして、ドラフト開始時にはMSNメッセを起動していました。
ところが、コンタクトリストが移行されなかった。
結局、Regnessemを使いました。

【その2】 抽選編

今年は、どーすんの!?オレカードを使いました。
ただ、確かに、誰が当選したのか、パッと見で分かり辛い。
「当選」とか「合格」とか、もっと分かりやすいフレーズのカードがあれば良かったのですが・・・。
先週の記事で「期待外れ」と書いた理由がこれなのです。

では、抽選結果を改めてプレイバック。

1位 : ポルトフィーノ ・・・ 2人 (syugoro氏、らす氏)

syugoro氏は昨年から数えて抽選5連勝。

2位 : ブラックパンサー ・・・ 4人 (メガスタ氏、AS氏、まんぞう氏、豊洋氏)

メガスタ氏が難関の中、当選。
自分は「なるほど」の4文字を見るたびに、「♪な・る・ほ・ど~~なるほどサランラップ♪」の歌が脳内に流れる人間なのですが、この元ネタは伝わったのだろうか。

【その3】 指名編

まず、ウラジが当初予定していた10頭を載せてみます。

  • 1位 : ラヴファンタジスタ (牡・橋口)
  • 2位 : プロフェッショナル (牡・音無)
  • 3位 : サムワントゥラブ (牝・角居)
  • 4位 : トーセンモナーク (牡・角居)
  • 5位 : ミゼリコルデ (牝・音無)
  • 6位 : ウォータクティクス (牡・池江寿)
  • 7位 : ピイラニハイウェイ (牡・池江郎)
  • 8位 : ストリートスパン (牡・手塚)
  • 9位 : フォーエヴァーラン (牡・松元茂)
  • 10位 : エーシンパンコルト (牡・宮本)

先月の記事でも書いたとおり、今年のコンセプトは「重賞を勝てる大物」です。
この1か月間、仕事もロクにせず(笑)、そればかり調べてました。
・・・ぶっちゃけ、仕事してるよりも、こっちの方が全然楽しい。
そんな努力(?)の結果、重賞を勝てるだろうと指名したのが、この上位4頭(ラヴファンタジスタ、プロフェッショナル、サムワントゥラヴ、トーセンモナーク)です。
それでは、何故、この4頭を選んだのか?
・・・別記事にてお送りします(笑)。

5~7位は、昨年同様、出産時母年齢11歳以下作戦。
横手厩舎(ノーザンF)の中では、ウォータクティクスが一番良いと思います。

8位以降は、入厩済みの即戦力。
実は、1週前まで、エーシングッチーフ(牡・藤原英)を入れていました。
でも、6月に入ってから、坂路で時計を出さなくなったんですよね。
単に調教コースを変えただけなのか、牧場に送り返されたのか。
情勢は不明ですが、万全を期するため、フォーエヴァーランに変えました。
前田幸治氏は2年連続でGI馬を輩出しています。
全体的にも、個人馬主中心の構成です。

で、実際に獲得できた10頭はこちら。

  • 1位 : ラヴファンタジスタ (牡・橋口)
  • 2位 : プロフェッショナル (牡・音無)
  • 3位 : サムワントゥラブ (牝・角居)
  • 4位 : トーセンモナーク (牡・角居)
  • 5位 : オリーブガール (牝・松田国)
  • 6位 : ピイラニハイウェイ (牡・池江郎)
  • 7位 : レーヴダムール (牝・松田博)
  • 8位 : フォーエヴァーラン (牡・松元茂)
  • 9位 : シャンパンファイト (牡・角居)
  • 10位 : エーシンパンコルト (牡・宮本)

おかげ様で、上位4頭は全て獲得できました。
吉田和子信者として、ミゼリコルデを4位で持って行かれたのは痛かった。
エーシンパンコルトは、父エイシンプレストンと同じ厩務員さんが担当されているという事で、密かに期待しています。

|

« 新垣道重ジュンジュンリンリン握手会(品川)。 | トップページ | 松嶋先生。 »

「[09]競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95135/15484431

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回POGドラフトを終えて。:

« 新垣道重ジュンジュンリンリン握手会(品川)。 | トップページ | 松嶋先生。 »