« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

札幌遠征、初日。

2泊3日の札幌遠征、初日です。
朝起きたら、家を出る予定の30分前。
とにかくバタバタと、羽田→新千歳入り。

14:00、札幌着。
5年前まで住んでた人間にとって、今日の札幌は涼しめ。
この空気の軽さが札幌だね。
ホテルに荷物を置き、速攻で狸小路へ。

14:30、ウインズA館。
昨年の札幌遠征では、らす氏を偶然見かけたのですが、今年はそんなサプライズは無かった。
mixiを見たAS氏からメール。
嵐氏からもメールが来る。
軽くメインの馬券を買う。

16:00、ティアラホテル。
当初はオーラスまでウインズに居るつもりでしたが、疲労が溜まっているのを感じたので、ホテルに戻り、少し休む。
4月に改装しただけあって、室内は新しくて綺麗。
トイレにリモコンが!

17:00、ありすかふぇ。
別記事にてどうぞ。

17:40、Prime。
AS氏と合流。
こちらも別記事にてどうぞ。

18:40、ウインズA館。
DaiS氏、@氏と合流。
おいらのジンギスカンという希望により、アサヒビール園へ。

20:05、アサヒビール園。
一瞬、麻雀卓かと思った。
通常の肉と特選の肉の2種類の肉があるので、
その違いは何だろう?と思い、お姉さんに尋ねてみたら、
冷凍か解凍してるかの違いだけらしい。
鍋がジンギスカン鍋っぽくないから、見た目が肉野菜炒め。
21時半閉店って早すぎ。

21:40、ディノス。
ファイナルハロン3連戦は、そこはかとなく体力を奪う。
嵐氏、アーベベ氏と再会。
そうか、DaiS氏と嵐氏も長らく会っていなかったわけね。

24:20、ホテル。
終電の時間を間違えたため、送ってもらいました。
どうもありがとう > 嵐氏。

というわけで、今日お付き合い頂いた、AS氏、DaiS氏、@氏、嵐氏、アーベベ氏、どうもありがとうございました。
俺含め、この6人が揃う機会はもう無いかも。
東京の友達よりも札幌の友達の方が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

コスチャ。

22:05、コスチャ。
ま●さん、ま●さん、み●ーさん。
2日前にコスチャに忘れた矢口本
今週末はGAMコンで札幌遠征なので、取りに来るなら今日か明日。
で、明日の夜は混みそうなので、今日取りに来ました。
きちんと受け取れて一安心。
あと、Feecleに登録してみましたー。
というわけで、リンクして下さい(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

ミア→コスチャ→FancyCat。

矢口握手会を終えて、秋葉原に移動。

20:05、ミア。
か●んさん、ら●むさん、もうお一方(名札無し)。
『いちご100%』Day。
紺のシンプルなブレザーに、黒の分厚めなストッキング。
「中学校時代の制服です」とコメントを頂いたのですが、例によって分かりません。

席に座ると同時にアイスコーヒーを注文したのですが、40分経っても出て来ない。
「まだ来ないんですけど」と強く言う気力は既に失せてました。
無言で店を出ました。
WRさんが追っかけて来るかなぁと思ったけど、無駄でした。

20:50、コスチャ。
ま●さん、か●ねさん、み●ーさん。
ここで晩飯を食べても良かったんだけど、さっきのミアでの件のせいで、食欲まで失せている。
矢口本を読む。
自然と顔がニヤニヤするのは本能です。

22:05、FancyCat。
な●めさん、あ●いさん、み●さん、など(汗)。
食欲が復活したので、久々に定食コース。
新人のみ●さんから、「キッチンが混雑してるのでもう少しお待ち下さい」と声を掛けて頂く。
そう言って頂ければ、こちらとしても全然待てるし、新人でその気配りが出来るのは素晴らしいです。
しばらくミアに行く事は無いでしょう。
で、その後、おにぎりの握り方講座になる。
矢口本をカバンから取り出そうとすると・・・無い。
コスチャに忘れてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢口握手会(銀座)。

矢口握手会@福屋書店です。
5か月ぶりの生矢口が待ち遠しかったですね。
ちなみに、ディナーショーは2連続で落選中。

仕事を何とか切り上げ、新橋に移動。
地下鉄から地上に出てみたら、目の前が、丸川珠代の選挙事務所。
金持ってるなぁ。
久々の銀座というか新橋だったので、少し迷う。

19:05、福屋書店着。
係員さんが370番まで呼び込みをしている。
ちなみに、自分の番号は282番で、整理券には19:00集合の文字。
予定より回転が早いなぁ。

Y氏を待つ間、少し離れた灰皿で一服していると、TVクルーが握手待ちの行列を撮影している。
まさか『やぐちひとり』でOAするのか?

19:15、Y氏が到着。
450番のところで入場する。
例によって、2階をぐるっと一周。
待つ間、これまた例によって、握手時間を計測してみる。
1人につき、約3秒。
後ろの係員が横に流すわけでは無いが、ポンポンと肩を叩く様子が、社員にリストラを告げる上司のように見える。

19:30、握手。
一応、二言まで言えた。
でも、やっぱり短いなぁ。

握手後、係員さんから、サイン入りのを貰う。

Y氏と別れ、秋葉原に移動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

RoyalMilk→コスチャ→FancyCat。

今日本来の目的は、syugoro氏にジョッキーマスターズのDVDを渡す事。
集合場所は、アキバです。
一応、互いの家の中間地点という事で、アキバになっただけです。

で、せっかくアキバに集合したので、無言でRoyalに連れて行ってみる。

13:05、RoyalMilk。
な●みさん、り●ぃさん、し●さん、あ●なさん。
せっかく4人いらっしゃるのに、1人奥に消えて行き、また1人奥に消えて行き、とうとう終いには、し●さんただ1人、という状況。
これ以上、特に書く事はございません。

その後、syugoro氏が『ビリーズブートキャンプ』の買い物を頼まれているという事で、2人でLAOXや石丸などを探してみる事に。
これがまた、全然見付からない。
二次元のDVDをあれほど売ってるのに、ビリーのDVDをどこも売ってない。
普通に楽天とかで買った方が早いね、これ(笑)。
最後に、ヤマギワソフト館に行ってみたけど、やっぱり売ってない。
で、エスカレータを降りる最中、窓ガラスの外に、もの凄い人だかり。
・・・これは誰かの入り待ちだな?
誰が来るんだ?
1階に下りて、開いている扉の方向に行ってみると、まさにそのタイミングで、扉の向こうからやって来たのは、時任ぁみ嬢。
一瞬ですが、ゼロ距離になりました。
しかも、ギャルルのメイクは個人的に好きなので、相当推せました。
高見盛がハマる理由が分かる気がしました(情報が古いな)。

syugoro氏と別れ、単独行動。

16:05、コスチャ。
な●きさん、さ●さん、み●ーさん、え●かさん、み●ちさん、ち●ねさん、など。
makino氏と遭遇。
Twitterに似た新しいやつを教えてもらったのですが、名前を忘れました(汗)。
今後は支店でどうぞよろしくお願いします、とこの場を借りて挨拶してみる。
というか、支店でも何でも無いんだけど、支店化が進むこの状況は何なんだろう。

18:00、FancyCat。
立食パーティ形式の、開店一周年記念イベントです。
前売りのチケットを購入して参戦してきました。
こういう、メイ喫のクローズドなイベは初めてでしたが、ミニライブあり、ビンゴ大会ありで、楽しい時間でした。
WRさんは15人ぐらい、お客さんは50人ぐらい?
詳しくははげ丸さんのところにレポが上がると思うので、そちらを見て下さい(笑)。
それにしても、ハロプロの現場でのヲタ芸の打ち方と、アニソンの現場でのヲタ芸の打ち方って、結構違うんですね、という事を今回初めて知りましたよ。
特に、アルファベットの「Z」字状に手を叩くヲタ芸は、初めて見た。
あれは何て言うんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

教訓。

今日は人生で忘れられない日になりました。

詳細は言えません。

でも、ひとつ、教訓を得ました。

意思を強く持ち、かつ、どんな時も冷静でいられる人。

そんな人が、人生で成功を収める人なんだと思いました。

そして、そんな人になりたいと思いました。

・・・なんか小学生の作文みたいで申し訳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

2007年度POGで重賞勝ち馬を狙い撃つ(POG人気編)。

昨日の母馬編の続きです。

現4歳世代と3歳世代で、POG期間内重賞勝ち馬のPOGでの人気を検証してみました。

4歳世代は有馬ルールで34頭、3歳世代はダービールールで26頭が対象です。
これは母馬編と同じです。
これらの重賞勝ち馬のうち、POG自動集計の人気ランキングで上位100位以内に入っていたのは、全13頭です。

【4歳世代】
  • *5位 ◎-◎ アドマイヤメイン (牡・橋田)
  • *7位 ▲▲▲ フサイチリシャール (牡・松田国)
  • *8位 △-- アドマイヤキッス (牝・松田博)
  • 27位 --- ロジック (牡・橋口)
  • 50位 △-◎ ジャリスコライト (牡・藤沢和)
  • 87位 --▲ フサイチパンドラ (牝・白井)
【3歳世代】
  • *1位 ◎◎◎ アドマイヤオーラ (牡・松田博)
  • *4位 ▲○◎ ダイワスカーレット (牝・松田国)
  • 11位 ○▲△ ヴィクトリー (牡・音無)
  • 14位 ▲△◎ フサイチホウオー (牡・松田国)
  • 24位 --- オースミダイドウ (牡・中尾正)
  • 41位 --- ピンクカメオ (牝・国枝)
  • 55位 --- アサクサキングス (牡・大久龍)

順位と馬名の間の印は、赤本巻末リストの印です。

この全13頭という数字は、意外に低いのかもしれません。
でも、ランク外の膨大な馬の中から狙い撃つのも難しい。
そこで、この13頭を解析してみます。

この13頭に共通する事としては、

  • 個人馬主である事。
  • 母馬が内国産の場合は、現役時に3勝以上。

1頭だけ例外が存在するパターンとしては、

  • 母馬が外国産の場合は、兄姉が日本のGI馬(フサイチパンドラ除く)。
  • 生産や育成が、社台FまたはノーザンF(ロジック除く)。

人気の厩舎が揃っているのも特徴です。

また、上位人気に大物が潜む確率が高いです。
上位15位までで半数以上を占めています。
印が薄いのはアドマイヤキッスのみ。
特に一番右の本誌の◎は信頼できます。

というわけで、重賞を勝てる大物を狙う近道を挙げてみます。

  • クラブ馬主を避ける。
  • 母馬が内国産なら現役時に3勝以上。
  • 生産または育成が、社台FかノーザンF。
  • 人気が上位15位以内。
  • 赤本巻末リストで本誌が◎を打っている。
  • または、3氏全員が印を打っている。
  • 松田博か松田国なら文句無し。

この厳しい条件、今年の2歳馬で該当するのは、どの馬か。
なんと、アドマイヤテンカのみ。
・・・うーむ、アドマイヤテンカだけは指名したくない(笑)。

そこで、条件を緩和。
人気を16位以降にも範囲を広げて、「個人馬主」「母3勝以上」の2点に該当する馬を調べてみました。
なお、人気は6/15(金)13時でのものです。

  • *1位 ◎○◎ アドマイヤテンカ (牡・松田博)
  • 22位 ◎▲◎ ラヴファンタジスタ (牡・橋口)
  • 31位 -△- サムワントゥラブ (牝・角居)
  • 32位 ◎△○ アグネスエナジー (牡・河野)
  • 33位 ▲◎◎ ファリダット (牡・松元茂)
  • 34位 --- アドマイヤサクラ (牝・友道)
  • 40位 --- ヤマカツオーキッド (牝・池添)
  • 42位 --- ダイワスピリット (牝・松田国)
  • 45位 ◎-○ スカーレット (牝・古賀慎)
  • 47位 --- フサイチフェイマス (牡・池江郎)
  • 51位 △▲△ ハイアベレージ (牡・安田隆)
  • 72位 -△△ ランチボックス (牡・浅見)
  • 75位 ▲-○ プロフェッショナル (牡・音無)
  • 83位 --- ファビラスボーイ (牡・堀井)
  • 84位 -△- アドマイヤトパーズ (牝・橋田)
  • 85位 ◎-○ ダノンインスパイア (牡・加藤征)
  • 88位 --- 母タニノシスター (牝・角居)
  • 98位 ▲-◎ アドマイヤスワット (牡・橋田)

アドマイヤテンカの次がラヴファンタジスタですってよ。
今年の上位人気はクラブ馬が独占状態、ってわけね。

ここから更に、絞り込みをはかります。

  • 非社台ノーザン : ファリダット、ヤマカツオーキッド、ダイワスピリット、ハイアベレージ、ランチボックス、母タニノシスター
  • 厩舎が不安 : アグネスエナジー、アドマイヤサクラ、スカーレット、ファビラスボーイ、ダノンインスパイア
  • 出産時母年齢が12歳以上 : アドマイヤテンカ、サムワントゥラブ、アドマイヤトパーズ、アドマイヤスワット
  • 血統が不安(クロス多) : フサイチフェイマス

残ったのは、ラブファンタジスタ、プロフェッショナルの2頭だけ。
・・・困った、牝馬がいない。
そこで、母馬編での、「母馬の現役時の成績が良ければ、高齢出産でも走る仔を産める」という仮説により、サムワントゥラブを復活させます。

今度は「個人馬主」「母外国産で兄姉に日本GI馬」の2点で調べてみました。

  • 55位 -▲△ フルーツフィールド (牡・藤沢和)
  • 58位 --△ トーセンモナーク (牡・角居)

先ほど同様に、絞込みをはかると、両馬とも出産時母年齢が12歳以上なので、消えてしまいます。
ただ、トーセンモナークは出産時母年齢が12歳であり、まだ許容範囲であると考えたい。
空胎を1年挟んだ(不受胎?)というのも後押し材料。

あと、仕方無いので(苦笑)、さっきの厳しい条件に残ったアドマイヤテンカを復活させます。

結論。

  • アドマイヤテンカ (牡・松田博)
  • ラヴファンタジスタ (牡・橋口)
  • プロフェッショナル (牡・音無)
  • サムワントゥラブ (牝・角居)
  • トーセンモナーク (牡・角居)

この5頭が、POG期間内に重賞を獲ります。
・・・いや、獲ると思います。
・・・・・・いや、5頭のうち1頭ぐらいは(徐々に弱気)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

2007年度POGで重賞勝ち馬を狙い撃つ(母馬編)。

現4歳世代と3歳世代で、POG期間内重賞勝ち馬の母馬を検証してみました。
検証項目は「出産時母年齢」「母現役時出走数」「母現役時勝ち鞍」の3項目。

4歳世代は有馬ルールで34頭、3歳世代はダービールールで26頭が対象です。
当サタデーサイレンスPOGが有馬ルールなので、このようにしました。

1. 出産時母年齢

【4歳世代】 平均8.97歳
  • 18歳 : 1頭 (マンオブパーサー)
  • 16歳 : 2頭 (アロンダイト、キストゥヘヴン)
  • 14歳 : 2頭 (タガノバスティーユ、ロジック)
  • 12歳 : 3頭 (グレイスティアラ、ジャリスコライト、トーセンシャナオー)
  • 11歳 : 3頭 (ダイワパッション、フサイチパンドラ、フレンドシップ)
  • 10歳 : 3頭 (アドマイヤキッス、ゴウゴウキリシマ、トーホウアラン)
  • 9歳 : 2頭 (アドマイヤメイン、ヤマトマリオン)
  • 8歳 : 2頭 (ステキシンスケクン、ソリッドプラチナム)
  • 7歳 : 4頭 (カワカミプリンセス、テイエムプリキュア、フサイチリシャール、マルカシェンク)
  • 6歳 : 6頭 (アルーリングボイス、コイウタ、サチノスイーティー、デンシャミチ、マイネルスケルツィ、メイショウサムソン)
  • 5歳 : 6頭 (アドマイヤムーン、サクラメガワンダー、ショウナンタキオン、ソングオブウインド、タマモサポート、ドリームパスポート)
【3歳世代】 平均11.15歳
  • 19歳 : 1頭 (ピンクカメオ)
  • 17歳 : 3頭 (イクスキューズ、タスカータソルテ、ヒラボクロイヤル)
  • 16歳 : 1頭 (ダイワスカーレット)
  • 14歳 : 1頭 (トロピカルライト)
  • 13歳 : 1頭 (ベッラレイア)
  • 12歳 : 1頭 (トーホウレーサー)
  • 11歳 : 7頭 (アストンマーチャン、アドマイヤオーラ、アポロティアラ、ウオッカ、ショウナンタレント、ナムラマース、ヴィクトリー)
  • 10歳 : 1頭 (マイネルレーニア)
  • 9歳 : 3頭 (オースミダイドウ、フサイチホウオー、フライングアップル)
  • 8歳 : 4頭 (アサクサキングス、ゴールドアグリ、トーセンキャプテン、ローブデコルテ)
  • 7歳 : 2頭 (アドマイヤホクト、ドリームジャーニー)
  • 5歳 : 1頭 (サンツェッペリン)

2. 母現役時出走数(外国産は対象外)

【4歳世代】 平均11.77戦
  • 40戦 : 1頭 (ヤマトマリオン)
  • 37戦 : 1頭 (アドマイヤキッス)
  • 27戦 : 1頭 (ソリッドプラチナム)
  • 26戦 : 1頭 (アドマイヤメイン)
  • 21戦 : 2頭 (タガノバスティーユ、フサイチリシャール)
  • 20戦 : 1頭 (ロジック)
  • 19戦 : 1頭 (グレイスティアラ)
  • 15戦 : 1頭 (アルーリングボイス)
  • 11戦 : 1頭 (テイエムプリキュア)
  • 10戦 : 4頭 (サチノスイーティー、ソングオブウインド、トーセンシャナオー、メイショウサムソン)
  • 7戦 : 1頭 (コイウタ)
  • 6戦 : 1頭 (デンシャミチ)
  • 4戦 : 2頭 (カワカミプリンセス、ドリームパスポート)
  • 3戦 : 1頭 (キストゥヘヴン)
  • 2戦 : 2頭 (アンバージャック、ショウナンタキオン)
  • 1戦 : 1頭 (タマモサポート)
  • 0戦 : 4頭 (アドマイヤムーン、ゴウゴウキリシマ、サクラメガワンダー、ダイワパッション)
【3歳世代】 平均17.21戦
  • 35戦 : 1頭 (ニシノチャーミー)
  • 33戦 : 1頭 (ウオッカ)
  • 32戦 : 1頭 (ゴールドアグリ)
  • 28戦 : 1頭 (アサクサキングス)
  • 23戦 : 1頭 (ドリームジャーニー)
  • 22戦 : 1頭 (オースミダイドウ)
  • 21戦 : 1頭 (ダイワスカーレット)
  • 20戦 : 1頭 (トーホウレーサー)
  • 15戦 : 3頭 (アストンマーチャン、タスカータソルテ、ヴィクトリー)
  • 12戦 : 1頭 (トーセンキャプテン)
  • 10戦 : 3頭 (アドマイヤオーラ、アポロティアラ、マイネルレーニア)
  • 8戦 : 1頭 (フサイチホウオー)
  • 7戦 : 1頭 (アドマイヤホクト)
  • 6戦 : 1頭 (ナムラマース)
  • 5戦 : 1頭 (サンツェッペリン)

3. 母現役時勝ち鞍(1戦以上出走を対象)

【4歳世代】 平均1.41勝
  • 6勝 : 1頭 (ヤマトマリオン)
  • 5勝 : 2頭 (グレイスティアラ、フサイチリシャール)
  • 4勝 : 1頭 (ロジック)
  • 3勝 : 3頭 (アドマイヤキッス、アドマイヤメイン、トーセンシャナオー)
  • 2勝 : 4頭 (アルーリングボイス、ソングオブウインド、タガノバスティーユ、テイエムプリキュア)
  • 1勝 : 1頭 (キストゥヘヴン)
  • 0勝 : 10頭 (アンバージャック、カワカミプリンセス、コイウタ、サチノスイーティー、ショウナンタキオン、ソリッドプラチナム、タマモサポート、デンシャミチ、ドリームパスポート、メイショウサムソン)
【3歳世代】 平均3.11勝
  • 6勝 : 1頭 (アサクサキングス)
  • 5勝 : 3頭 (ウオッカ、ニシノチャーミー、ヴィクトリー)
  • 4勝 : 3頭 (アドマイヤオーラ、タスカータソルテ、トーセンキャプテン)
  • 3勝 : 6頭 (アストンマーチャン、オースミダイドウ、ゴールドアグリ、トーホウレーサー、ドリームジャーニー、フサイチホウオー)
  • 2勝 : 1頭 (マイネルレーニア)
  • 1勝 : 3頭 (アドマイヤホクト、アポロティアラ、ナムラマース)
  • 0勝 : 1頭 (サンツェッペリン)

4歳世代と3歳世代では、傾向が全く違います。
4歳世代では、現役時にあまり走らず、若い時期に産んだ仔が多い。
3歳世代では、現役時もバリバリ走り、高齢時に産んだ仔が多い。

だが、母0勝に限定してみると、出産時母年齢に共通項が見つかりました。

  • 8歳 : 1頭 (ソリッドプラチナム)
  • 7歳 : 1頭 (カワカミプリンセス)
  • 6歳 : 4頭 (コイウタ、サチノスイーティー、デンシャミチ、メイショウサムソン)
  • 5歳 : 4頭 (ショウナンタキオン、タマモサポート、ドリームパスポート、サンツェッペリン)
  • 4歳 : 1頭 (アンバージャック)

全て、8歳以下。
9歳以上はありません。

そこで、このような仮説を立ててみました。

母馬が若い時(8歳以下)は、現役時代の戦績に関わらず、走る仔を産める。
だが、母馬が年を取って来ると、現役時代の戦績が仔に反映されてくるのだ!

続いて、明日のPOG人気編へ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

緊急補強。

ハロプロに“久々”ハッピーニュース!元モー娘。紺野が電撃復帰 (サンスポ)
紺野あさ美がハロプロに復帰 (ニッカン)
ハロプロ救う!紺野あさ美が来月復帰 (スポニチ)

という事で、朝からビックリしました。
文字通り、ハッピハッピーな気分です(不吉?)。
昨夏の卒業時から、紺ちゃん本人が復帰したい意向だったのは確かなようです。
聖地巡礼した時に、それらしい話を聞いていたので、間違い無いでしょう。
とりあえず、紺ちゃんが美味しそうに食べる姿を早く見たいです。

ただ、ガッタスの事を考える時に、何故スフィアリーグに残らなかったのか?という疑問が、必ず頭をよぎるのです。
CDデビューするって事は、事務所はガッタスに対してやる気がある、って事。
だったら、一般社会人相手に小さくやっても、仕方無いと思うのです。
スフィアという大舞台の中でやらせるべき。
スフィアは短いなりにも歴史はあるから、勝っても負けてもドラマになる。
スフィアに残って昨年以上に女子芸能人フットサル界全体を盛り上げれば、ガッタスがハロプロを主導する形にだって持って行ける。
・・・まさか、スフィア脱退はスポンサーの意向なのか?

さて、CDデビューする選抜メンバーが、トーチュウの記事に載っています。

紺野あさ美 フットサルチーム「ガッタス」メンバーに復帰 (トーチュウ)

・・・えーと、ミキティの名前がありません。
危惧していた通り、事務所はミキティから歌を取り上げるようです。
何ともまぁ、頭の固い事務所でガッカリです。
仕方無いので、「まのえり」こと真野恵里菜嬢を推したいと思います(汗)。

それにしても、恵比寿騒動ってのは上手いフレーズだわ。
・・・5人目にならないで下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

松嶋先生。

松嶋初音先生のありがたいお言葉に、胸が熱くなったので、この場で紹介させて頂きます。
22世紀に残したい名文です。

こういう事を表明できる場を与えられているのが、羨ましいですよね。
ハロプロのメンバーにも、どんどんブログを書かせるべきですよ。
で、こういう事もどんどん書かせる。
本人からの言葉ってのが一番の特効薬だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

第14回POGドラフトを終えて。

今年もつつがなくドラフトを終了させる事が出来ました。
ありがとうございました。
今年はドーレ氏が卒業し、ESA氏が白川氏と改名して復帰されました。

【その1】 進行編

昨年の記事同様、ドラフト終了時刻を載せてみます。

  • 第11回 (2004年) ・・・ 03:23:27
  • 第12回 (2005年) ・・・ 03:27:32
  • 第13回 (2006年) ・・・ 02:11:48
  • 第14回 (2007年) ・・・ 02:20:25

チャットが重いのは想定外でした。
ここ数年、チャットは安定している印象があったので。
それでも昨年とほぼ同じ終了時刻になったのは、抽選が2回だけだったからだと思います。

また、最初、MSNメッセに登録されていなかった理由について。
昨年はRegnessemを使っていましたが、今年はMSが提供する最新版のMSNメッセを使おうと思って、最新版をインストールして、ドラフト開始時にはMSNメッセを起動していました。
ところが、コンタクトリストが移行されなかった。
結局、Regnessemを使いました。

【その2】 抽選編

今年は、どーすんの!?オレカードを使いました。
ただ、確かに、誰が当選したのか、パッと見で分かり辛い。
「当選」とか「合格」とか、もっと分かりやすいフレーズのカードがあれば良かったのですが・・・。
先週の記事で「期待外れ」と書いた理由がこれなのです。

では、抽選結果を改めてプレイバック。

1位 : ポルトフィーノ ・・・ 2人 (syugoro氏、らす氏)

syugoro氏は昨年から数えて抽選5連勝。

2位 : ブラックパンサー ・・・ 4人 (メガスタ氏、AS氏、まんぞう氏、豊洋氏)

メガスタ氏が難関の中、当選。
自分は「なるほど」の4文字を見るたびに、「♪な・る・ほ・ど~~なるほどサランラップ♪」の歌が脳内に流れる人間なのですが、この元ネタは伝わったのだろうか。

【その3】 指名編

まず、ウラジが当初予定していた10頭を載せてみます。

  • 1位 : ラヴファンタジスタ (牡・橋口)
  • 2位 : プロフェッショナル (牡・音無)
  • 3位 : サムワントゥラブ (牝・角居)
  • 4位 : トーセンモナーク (牡・角居)
  • 5位 : ミゼリコルデ (牝・音無)
  • 6位 : ウォータクティクス (牡・池江寿)
  • 7位 : ピイラニハイウェイ (牡・池江郎)
  • 8位 : ストリートスパン (牡・手塚)
  • 9位 : フォーエヴァーラン (牡・松元茂)
  • 10位 : エーシンパンコルト (牡・宮本)

先月の記事でも書いたとおり、今年のコンセプトは「重賞を勝てる大物」です。
この1か月間、仕事もロクにせず(笑)、そればかり調べてました。
・・・ぶっちゃけ、仕事してるよりも、こっちの方が全然楽しい。
そんな努力(?)の結果、重賞を勝てるだろうと指名したのが、この上位4頭(ラヴファンタジスタ、プロフェッショナル、サムワントゥラヴ、トーセンモナーク)です。
それでは、何故、この4頭を選んだのか?
・・・別記事にてお送りします(笑)。

5~7位は、昨年同様、出産時母年齢11歳以下作戦。
横手厩舎(ノーザンF)の中では、ウォータクティクスが一番良いと思います。

8位以降は、入厩済みの即戦力。
実は、1週前まで、エーシングッチーフ(牡・藤原英)を入れていました。
でも、6月に入ってから、坂路で時計を出さなくなったんですよね。
単に調教コースを変えただけなのか、牧場に送り返されたのか。
情勢は不明ですが、万全を期するため、フォーエヴァーランに変えました。
前田幸治氏は2年連続でGI馬を輩出しています。
全体的にも、個人馬主中心の構成です。

で、実際に獲得できた10頭はこちら。

  • 1位 : ラヴファンタジスタ (牡・橋口)
  • 2位 : プロフェッショナル (牡・音無)
  • 3位 : サムワントゥラブ (牝・角居)
  • 4位 : トーセンモナーク (牡・角居)
  • 5位 : オリーブガール (牝・松田国)
  • 6位 : ピイラニハイウェイ (牡・池江郎)
  • 7位 : レーヴダムール (牝・松田博)
  • 8位 : フォーエヴァーラン (牡・松元茂)
  • 9位 : シャンパンファイト (牡・角居)
  • 10位 : エーシンパンコルト (牡・宮本)

おかげ様で、上位4頭は全て獲得できました。
吉田和子信者として、ミゼリコルデを4位で持って行かれたのは痛かった。
エーシンパンコルトは、父エイシンプレストンと同じ厩務員さんが担当されているという事で、密かに期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

新垣道重ジュンジュンリンリン握手会(品川)。

あまり期待しないで往復ハガキを出したら、当選。
3回公演の2回目に行ってきました。

14:55、品川着。
各公演につき2,000人のようです。
前回同様、今回もサイン色紙は全部セット購入者のみ。

15:45、入場。
がっつくわけでも無いので、この時間にのんびり入場。
中に入ると、本当に2,000人いるの?
サイドや後方は人がパラパラとしか居ない。
これじゃあ踊り放題じゃないか。
・・・って、どーせ歌わないだろうけど。

入口でアンケート用紙を配布。
全部で4項目あります。

  • 今回のイベントについて全体の印象・内容は?
  • 今回のイベントの率直な感想をお書き下さい。
  • ファンクラブイベントオリジナルグッズについて感想をお書き下さい。
  • 最近ハマっているものがあればお書き下さい。(今後のイベントの参考にさせて頂きます)

・・・何ですか、この4番目の質問は。
これを客に書かせて、どうイベントの参考にすると言うのか。
まぁ、せっかくなので、「2004年頃の『ハロモニ』を見る」と書かせて頂きました。
これを見たスタッフが『ハロモニ』を再度リニューアルしてくれる事を願います。

16:00、開演。
オープニングムービーで、ジュンジュンの顔写真が出た時の、ヲタの盛り上がりが、もの凄い後付け。
MCのお兄さんは誰?
まず、ジュンジュン・リンリンの2人が登場。
一言挨拶をする。
その直後、ガキさん・シゲさんが登場。
前回もそうだったが、ヲタの反応があからさまに違うのが面白い。
ゆるい巻き髪にしたシゲさんがドキッとするね。
すぐ、MCがガキさんにバトンタッチされる。
・・・何故最初からそうしなかったのだろう。

16:05、SSA初お披露目VTR(3分間)。
VTRを見ながら、探り探りの会話が始まります。

  • ガキさんがジュンジュンに「日本に来て初めて覚えた日本語は?」と質問をする。
  • 「日本語難しいです」とジュンジュンが答える。
  • 「えっ、それを最初に覚えたの?」とガキさんがビックリする。
  • 「いやいや、ガキさんの言ったことが難しくて分からない、って事ですよ」とシゲさんがフォローする。
  • 少しテンパるガキさんに対し、「ガキさん頑張って!」とシゲさんが黒い部分を見せる。

その後のやり取りでも、

  • ガキさんがジュンジュンに質問する。
  • 日本語が分からずジュンジュンが半分泣きそうになる。
  • 「分かった、後で楽屋で聞くから」とガキさんが慰める。

という場面があって、それじゃあイベントにならないだろ、と思った。
ジュンジュンがどんな事を思っているかを客に伝えなきゃならないのに、それが出来ていない。
ちゃんとした通訳を壇上に連れて来るべき。
・・・なんか、こんな場面が今後『ハロモニ@』でも定番になる悪寒。

16:15、ジュンジュンVTR(6分間)。
オーディション→実家→インタビュー→来日→ボイトレ、という流れ。
相変わらずオーディションの詳細を明らかにしない事務所の姿勢に腹が立つ。
実家の部屋に謎の2次元アニメのポスターが!
部屋で多数のハロショ写真を見るジュンジュン、という構図に、多数のヲタが喜ぶが、単にメンバーの顔と名前を覚えるためだと思われる。

16:23、リンリンVTR(6分間)。
ボイトレの映像から、リンリンの才能が徐々に明らかになる。
歌がめちゃくちゃ上手い。
これほどの実力の持ち主はミキティ以来。
そのパワフルな歌声は、まさにルル2世だ。
ピアノ、ギターも弾き語り可能。
中国ではリポーターやドラマなど、現メンよりも経験豊富。
本来なら、即ソロコースだと思うんですけどねぇ。
日本に来た理由は?との問いに、「夢を現実にするため」と答えた姿がかっけー。

16:30、ジュンジュンピアノ生演奏。
ジュンジュンもピアノが出来るという事で、ステージ上にピアノが持ち込まれる。
現場でピアノを見たのは平家コン以来?
ここでシゲさんが「さゆもピアノ習ってたんですよ」と前に出る。
「7年間やってたんですよ」とハードルを上げる。
で、披露したのは、『猫踏んじゃった』。
ピアノが撤収させられながらも弾き続ける。
これぞ、バラエティの王道だ。
でも、「7年やってて音符が読めないんですよ」には、あまり笑えない。

16:35、新曲ジャケ写撮影風景。
おいおい、静止画かよ。
動画で見せてくれ。

16:40、即席ダンスレッスン。
ヲタのリクエストで『シャニムニ』に決定。
ガキさん指導により、4人でロボットダンスを踊る。
でも、シゲさんはハニパりたいようで、ちょっとだけ4人でハニパる。
ガキさんが「お客さんはみんな知ってるから」と何度も発言。
客を半分放置しているようにも見えて、少し気になる。
「この曲やる機会があったら良いですね」とシゲさんが黒い発言をして終了。

16:45、今後の目標。
ジュンジュン 「一生懸命頑張って早く先輩たちに追い付きたいです」
リンリン 「先輩たちをお手本にして一生懸命頑張りたいです」
と無難にまとめる。

16:48、退場。
トーク部分が約50分というボリュームは満足です。
スクリーンに映し出された「握手会」の3文字がなんかシュール。

16:50、握手会。
シゲさん←ジュンジュン←リンリン←ガキさん、の並び順。
1人に付き1秒程度と、相変わらず超光速。
ガキさんとリンリンの間に立ち、ガキさんと握手するヲタをひたすら監視するおっちゃんが怖い。
珍しく、スクリーンに映されるPVが全部娘。だった。

17:30頃に、全員の握手が終了した模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンミラ→strawberry→コスチャ。

17:45、アンミラ。
品川でのイベント終了後のお約束という事で、アンミラに行ってみた。
コーヒーが出て来た後に、ようやくお冷が出て来た。
俺も随分と嫌われるようになりましたなぁ、と凹んでみた。

品川から秋葉原に移動。
ミア・・・想定内の10組待ち
MIJ・・・想定内の10人程度の行列
Cute-M・・・想定外の喫煙フロア閉鎖
というわけで、Cute-MやNAGOMIのビルの地下1階に初潜入。

19:35、strawberry。
メニューの裏に堂々と「マジックとかケアとか会話とかで、濃い時間を提供する場です」と書いてある。
勝手に、この店の行く先を心配してしまう自分。
「会話」と書いちゃって良いのかなぁ。

カメラで店内の模様をライブ配信しているのは犯罪予防に良いかも。
客としては落ち着かないけどね。

「オムライスとかにお絵描きすると風俗になるとかで捕まっちゃうらしいですよ・・・(中略)・・・だから当店ではそういう事をやらないんです」とWRさんは力説するが、その通りに実際取り締まったら、アキバの半数以上の店は捕まってしまう。
WRさんに余計な仕事をさせたくない経営者側がそう教え込んでいるのだろうか。

潰れて欲しいとまでは思わなかったけど、何て言うのかなぁ。
ホームめいどのような、一気にカチーンと来る事は無いけど、じわじわ来るね、ここの場合は。
「WRさんと常連がべったり」「常連が騒がしい」という、潰れる方向の店に見られる2つの条件が揃っている。
ここの場合、メニューの裏に堂々と「会話」と書いちゃってる分だけ、常連以外を放置=会話しに来ない事は、たちが悪い。
さらに、お冷もおしぼりも出されなかった。
とりあえず、もう来ないです。

20:10、コスチャ。
さ●さん、み●ーさん、ま●さん、え●かさん。
strawberryのお口直しとして入店。
ただ、すっかり食欲は無くなっている。
ま●さんの対決メニューの進行っぷりがちょっと不安。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

第14回POGドラフトに向けて(Part4)。

前回の記事より、3週も間をあけてしまいました。
いよいよ、明日がドラフト本番です。
先ほど、成績総チェックを終わらせ、指名順を確定させました。

あと、本番までにやっておきたい事を列記してみる。

アイコンを用意する
現役メンバーは全員揃えたので、その他関係者の数人分を。
各種HTMLの雛型を用意する
携帯版も含めて。
面白トランプを用意する
トランプじゃないカードなら準備済みなのですが、開けてみたら、ちょっと期待外れ。明日、ハンズまで往復する暇は恐らく無い。
トランプ撮影時の台紙を用意する
この1年間、写真集を1冊も買っていない。もうそろそろ、写真集に代わる台紙を編み出したいのだが。
早めに寝る
もう無理だ・・・。

それでは、良い指名を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

GAM春コン(中野・土昼夜)。

15:30、「開演準備が遅れたため、15:35より開演いたします」というアナウンス。

15:40、昼開演。
今日のミキティは大きく動いている。
客席の暖まり具合にも一安心。

15:55、MC。
「新聞やホームページなどでご存知の人も多いと思いますが・・・」と切り出すミキティ。
「本当にごめんなさい」と謝罪。

16:35、究極の質問コーナー。
質問が書かれた紙を箱の中から選んで答えます。

一週間食べ続けるならどれ?
・ パスタ
・ ラーメン
・ カレー
・ うどん
→ あややは関西人らしくうどん。ミキティはパスタ。
ストレス発散するならどれ?
・ カラオケ
・ 買い物
・ スポーツ
・ 寝る
→ あややは買い物。ミキティはスポーツか寝る。客席の「えー?」という反応に、「どーいう事?お前は寝てろって事?」と反論する美貴様。
残念なのはどっち?
・ 親友だと思っていた子が自分の悪口を言っていた
・ 自分の飼い犬がなつかない
→ あややもミキティも飼い犬の方。この2人は普段から言いたい事を言い合っているようですし(笑)。
会いたいのは?
・ 河童
・ 妖怪人間
・ 犬のおまわりさん
→ あややは犬のおまわりさん。ミキティは河童。

箱を回収しに来た女性スタッフが、今日発売の美貴デザインTシャツを着ている。
前と後ろにそれぞれ顔が描かれている。
あややは「両方ともニューハーフかと思った」と言うし、舞台裏ではスタッフからは「これ松浦と藤本だよね」と言われたようで、「ショックー!」と叫ぶ藤本画伯。

今回のアルバムで一番好きなのは『イチャ イチャ Summer』なのですが、LOVEやフワフワを入れる必要はあるのかい?
また、生で一番聴きたかったのは『ここで キスして』。
ミキティの7~8年後、このような曲で紅白のステージに立っている姿を想像したくなるのです。
ごまかしのきかないこの曲を今与えられたのは、いわば試練。
ただ、『涙GIRL』で顕著な、テンポに弱く前のめりになる所がモロに出てしまった。
あややはそういうのが無いし、演歌調は上手いんだよね。
声質的にはミキティの方が断然似合っているだけに。

マイクスタンドまで出すんなら、『I know』をやって欲しかった。
ラスト数曲は、『涙GIRL』と言い、『FAMILY』と言い、メロン化してる印象。
歌詞飛ばしが多い。3~4回くらいあった。あややは茶飯事だが、ミキティはソロ時代も娘。時代もほとんど無く、単なる準備期間不足の表れなのか。

17:00、アンコール。
あややが「最近レコーディングもしてますし・・・」と発言。
隣のミキティは今後どうなるのだろう。

17:15、昼終演。

19:00、夜開演。

あややの喉が少し枯れている。
質問コーナーはメモ断念。
夜のミキティは昼よりさらに復調傾向。
ただ、『ここで キスして』が相変わらず厳しい。
ミキティも暇になったんだからみっちりボイトレを。

20:20、アンコール。
松浦「GAMの事が好きかー!」
ヲタ「ヲー!」
松浦「みんなの事好き?」
藤本「・・・好き。」
この少しの間をどう捉えるかは自由。

20:40、夜終演。
昼には無かった最高コールが!

お互いのソロ曲がもっと多いんじゃないかなと予想していたのですが、実際は、アルバムを中心としたセットリスト。
まぁ当然と言っちゃ当然です。
あややにはソロコン、ミキティには娘。コンというホームポジションがあるから、ここではGAMの曲で通す、という方針には納得できます。
ただ、ミキティの脱退でそれが崩れたわけで、セットリストの見直しがあっても良かったんじゃないでしょうか?
美貴ヲタとして、ミキティの歌が今後聴けなくなるのではないかと不安なのです。
で、このタイミングで『ロマモー』とかが追加されたら、またソロコンが復活するんじゃないか?と期待できた。
実際には復活させないとしても、ヲタのモチベーションを上手くキープさせるのも事務所の仕事のひとつだと思うんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おぎメイド。

GAMコンを終え、ブロードウェイ3階に向かう。

21:05、おぎメイド。
る●さん、も●さん。
店の前は何度も通った事はありますが、中に入るのは今日が初めてです。
いつのまにか、廊下の間に壁が出来て、カラオケが設置されていた。
この時間だと、ドリンク+チャージ料で1,000円という基本料金設定。
先週のホームめいどとの違いは、常連がうるさすぎない、という点ですね。
おかげで、心地良く過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

CafeDoll→RoyalMilk→ミア→Cute-M→めいどinじゃぱん→FancyCat。

今日は偶然にも、会社がお休みです。
そこで、何か面白イベントは無いか、昨日勤務時間中に(苦笑)調べてみた。
すると、バーガーキング1号店グランドオープンイベントを発見。
普段の平日より早起きして、久々に通勤ラッシュにまみれて、新宿アイランドに行ってみました。

8:40、到着。

先着100名様はとっくに終了。

9:25、ピストン西沢&辻史子が登場。

特製Tシャツが当たるクイズ大会が始まります。
と言っても、挙手してピストンに指名されたら、答えが何であろうとTシャツを貰えるという、大盤振る舞い状態(笑)。
自分も必死に挙手したんだけどねぇ。
・・・こういう時、顔が怖いと絶望的に損だよね。

9:55、カウントダウン。

巨大クラッカーがドーン。
販売開始です。
この時点で既に500人以上並んでると思われ、諦めました。

少し経つと、一般客に混じって、サンジャポの腕章を付けたデーブを発見。
遠めに激写してみる。

そんな感じで、アキバに移動。
ミア直下の灰皿にはどの時間でも必ず人が立ってるね。

11:25、CafeDoll。
ゆ●はさん、と●るさん。
こちらのお店では初めましてですね(笑)。
しかも毎月8日はメガネの日でラッキー。
平日に11時から開いているお店は貴重です。

12:05、RoyalMilk。
な●みさん、あ●なさん、ま●んさん。
平日のこの時間は静かで落ち着いて良いね。

13:05、ミア。
て●らさん、め●さん。
できれば、10人の団体はもっと広い別のメイ喫に行って欲しい。

本来ならここからコスチャという流れなのですが、せっかくの平日の昼間なので、未開拓のお店を2店舗攻めてみる事に。

14:10、Cute-M。
あ●はさん、り●くるさん。
5階の喫煙席は撮影のためクローズ中なので、4階の禁煙席に座る。
テーブル×8、カウンター×8。
ここは人気店だと認識していたのですが、結構まったり。
まぁ、さっきのミアも、団体を除けば同じか。
なんとかラテ系が充実してます。
山本本を読む。

15:00、めいどinじゃぱん。
あ●なさん、い●ごさん、も●じさん、え●ざべすさん、あ●さん、り●こさん、ち●りさん、あ●ねさん。
『特命係長』のイメージより相当狭い店内。
テーブル×7、カウンター×10。
カウンターにはそれぞれPCがあり、ネットカフェ状態。
それにしても、中に入ってビックリした。
このWRさんの数。
この客の数。
とても平日の昼間とは思えない。
何なんだ、この店は。
これだけ人気があるって事は会話重視なのか?
とも思ったのだが、ダラダラ会話してる姿は一切無し。
教育も行き渡っているようです。
さて、中に入って15分後、突発でジャンケン大会。
客は全員、強制参加(笑)。
掛け声に店名が入ってますが、振りはノーマル。
勝者1人にメッセージカードが渡されて、即終了。
案外アッサリしてるのね。

18:25、FancyCat。
な●めさん、り●さん、す●なさん、な●とさん、ま●きさん、ひ●るさん、ま●ろさん。
『とき晴れ』イベント。
WRさんがそれらしいセーラー系の衣装を着ています。
ただ、WRさんも客も、誰も『とき晴れ』を知りません(笑)。
どうやら、同人系のゲームらしいけども。
10食限定メニューは、抹茶アイスとつぶあんがメインな、和風パフェ。
パフェのウェハースは、普通一番先に食べますよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MIJ。

めいどinじゃぱんから記念カキコ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

『ドキみき』。

『ドキみき』の公式サイトを見てみました。
先週までは「モーニング娘。藤本美貴の~」という冠だったのですが、「モーニング娘。」が見事に無くなっています。
スタッフの仕事が相変わらず早いです。
ただ、ロゴの上の部分をじっくり見てみると、綺麗に消し切れていない事が分かります(笑)。
もし、今週で番組が打ち切りとなるなら、わざわざこのような仕事はしないと思うんですよね。
なので、番組は来週以降も継続すると予想しています。

というか、継続させるべきですよね。
ここで番組を打ち切りにして、矢口ショック時同様に歌も歌わせないなどの仕打ちを与えると、世間との乖離は益々激しくなりますよ。
今までどおり、表舞台に出させる事が大事だと思います。
ソロラジオもやって、ソロで曲も出して、ソロツアーもやる。
ミキティ本人にきっちり仕事をさせるのです。
そうすれば、周囲の大人と触れ合う機会が多くなって、大人の男を見る目が養われて、庄司という男が下らない人間である事に気付くはずです。
是非とも、もっと良い男を見付けて欲しいものです。

= * = * = * = * = * = * = * = * = * = * =

【2007/06/05 00:35 追記】

聴きました。

タイトルコールが、「藤本美貴の!」で、大爆笑。
1発目のハガキが、カレーコンでの「食べたいんでしょ?食べれば良いじゃん」というセリフに関してで、またも大爆笑。
男を食いたいのは分かるけど、もっと良い男にしなよ。
あとは、普段どおりの、ゴーイングマイウェイなミキティでしたね。
安心しました。
ミキティは国民新党よりもブレません。

関係無いけど、『熱い魂』にフワフワを入れるのは止めてくれ。
ディスコ調の曲なら良いけど、ロックには絶対に合わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

美勇伝春コン(中野・日夜)。

17:50、入場。

18:05、開演。

  • 1曲目は新曲。振りコピでマワれるってのは良いなぁ。
  • 『クレナイ』にPPPHを入れる理由が分からない。Bメロの追っかけはどうでも良いのか?
  • 前半戦は上げて下げての繰り返しが多すぎじゃね?
  • いくら人形劇の台本とは言え、客が求めているものを分かっていて、この出来か・・・。
  • ラスト4曲の繋げ方は良い感じ。
  • 全体的に客の振りコピ率が高くなってきた。℃-uteと同様の傾向。

19:40、アンコール。

19:55、終演。

見ていて、ミキティ騒動の事を考えちゃいました。
一応ソロとして再始動となっていますが、やぐやぐ同様、歌を取り上げられる可能性は高いでしょう。
かたや、事務所が求める「約束」をキッチリ守って卒業すれば、少なくとも、公衆の場で歌う機会は保証されます。
さらに、人気もあれば、このようにライブだって出来るわけです。
特に梨華ちゃんは、事務所の言う事を聞いた上に、自らの努力も怠らなかった。
最優秀優等生と言えるでしょう。
でも、そんな梨華ちゃんの卒業後は、ソロじゃなくてユニット。
与えられた2人のスキルは頭打ち状態。
最近じゃ、おっぱい路線。
これじゃあ、残された娘。メンのモチベーションは上がらないでしょうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームめいど。

相方のY氏がチラシを持っていたので、美勇伝春コン終了後、ホームめいどに行ってみる事にしました。

おめでとうございます。
渋谷CoCo、旭川ロランベリー、秋葉原フィーユに続き、潰れて欲しいお店・4号店に認定です。
もう二度と行きません。

上記の店に共通している事は、WRさんと常連が常にダラダラとダベっていて新規客を放置する事と、常連が店を自分の部屋だと勘違いしている事。
居心地が悪い上に、ムカムカしてくる。

似たような会話重視の店でも、かつての新横浜EGOISTEや、札幌ロミジュリ、吉祥寺FancyCatは、新規客にも積極的に話し掛ける気配りがあるんですよね。
そういうお店には頑張って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

第12回ユニコーンS。

相変わらず、当たった時にしか馬券を公開しない、当ブログです。
オークスの反省から、買い目を絞った多点買いを実行してみました。
3着がもうちょっと荒れてくれれば、というのはありますが、御の字です。
増えたお金で、ティファールのフライパンを買いました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

コスチャ→ミア→RoyalMilk。

13:55、ミア。
4組待ち。
長くて1時間、ってところか。
となると、Royalに行ってもコスチャに行っても良い。
とりあえず、Royalの店内を覗いてみると、案外混んでいるので、回避。

14:05、コスチャ。
か●んさん、ち●さん、ゆ●しろさん、か●んさん、あ●さん、さ●さん、み●ーさん。
・・・と、黒板に書いてある(苦笑)。
7人中3人も顔と名前が一致しないので、このような書き方になってしまうのです。
そんなおいらをお許しください。
さて、制服がリニューアル。
より一層、二次元の方向に進みましたね。
初めてアキバに来た一般客がいかにも喜びそうな感じ。
個人的には推せないです。
WRさん的にも不評らしい?

14:50、ミア。
な●きさん、か●んさん。
マリみてWeek、という事で、『マリみて』のセーラーっぽい衣装。
こちらの衣装もあまり推せない。

15:55、RoyalMilk。
り●ぃさん、し●ねさん、ま●んさん、み●んさん、の●こさん、あ●なさん。
公式スケジュールを見ればお分かりですが、イベントのために店を閉める時間が増えています。
閉店フラグが立ってきた悪寒がします。

帰り際、アキバ駅前で久々に激写してみる。

「エレガールず」と言う4人組らしいです。
で、その隣で、同じチラシを配っている人が居ます。
恐らく、事務所の後輩と思われます。

五十嵐飛鳥さん。
・・・かわいい。
エレガールずよりも、五十嵐さんの方が、よっぽど推せますよ。
なぜ、誰も五十嵐さんにがっつかないのか、不思議でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ヤン土』。

全国のヲタと芸能記者が注目した、今夜の『ヤン土』。
本人の口から、どのような言葉が飛び出るのか。
・・・に関しては、目立った発言は無かったですね。
裏舞台的な内容が発言されるわけでも無し。
公式コメントになぞらえて、「約束」という言葉まで使って。
本当に、いつそんな約束を交わしたんや、って感じ。

で、『ヤン土』への出演は、今日で一旦お休みするそうです。
でも、GAMの活動は続けるそうです。
GAMのツアーも続く、と受け止めて良さそうです。

まぁ、ラジオの場合はスポンサー次第ですからねぇ・・・。
未だにトップの人間が処女性を重要視していて失笑ですよ。
いつの昭和の話だ?って感じ。

というか、『ドキみき』はどうなるんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

約束。

『モーニング娘。』リーダー「藤本美貴」についての重要なお知らせ(公式)
モー娘藤本美貴、熱愛発覚でグループ脱退(ニッカン)
藤本美貴が「モー娘」脱退(報知)
藤本美貴が「モー娘。」脱退 お笑いタレントと交際報道で(サンスポ)
藤本美貴がモー娘。脱退(スポニチ)

先週の『ヤン土』から6日が経過。
何も音沙汰が無かったので、このままフェードアウトさせるのかな?なんて思っていたのですが、結局脱退となりました。

当然ですけど、スッキリしないですよね。
おいらはミキティソロ待望派でもありますが、恋愛賛成派でもあります。
ソロ復活を喜びたいんですけど、100%で喜べない。
恋愛しちゃいけない理由がサッパリ分かりません。

契約書上には記載されているらしい、恋愛禁止の「約束」。
でも、ヲタには知らされず、暗黙の了解として生きている「約束」。
そんな約束が存在するグループを推す気が失せてきましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »